不当労働行為事件の審査手続 - 労働問題・仕事の法律全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不当労働行為事件の審査手続

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 労働問題・仕事の法律
  3. 労働問題・仕事の法律全般

不当労働行為事件の審査手続

不当労働行為事件について、都道府県の地方労働委員会が審査をし救済命令等を発した場合、不服がある当事者は、中央労働委員会(東京都の1か所のみ)に再審査請求をし、中央労働委員会の命令が出た場合、不服がある当事者は行政訴訟である救済命令等取消訴訟を提起することができる。第1審は各都道府県の地方裁判所である。行政訴訟は三審制である。

使用者が救済命令等取消訴訟を提起した場合、労働委員会は緊急命令を申し立てて、使用者に暫定的に救済命令等にしたがうべき旨の命令を裁判所に発してもらうことができる。

使用者が救済命令等にしたがわない場合、罰則が適用される。

その間、労働委員会で和解をすることができる。

また、救済命令等について、不服を期間内に申立てなかった場合、救済命令等は確定する。

このコラムに類似したコラム

不当労働行為の定義(労働組合法7条) 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/07 19:19)

労働委員会に関する労働組合法の規定 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/08 11:07)

不当労働行為審査手続(労働組合法の規定) 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/08 11:17)

労働組合の団体交渉・争議行為などに関する特例 村田 英幸 - 弁護士(2013/08/07 19:22)