【任意売却】ニンバイ物件の勘違い - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

高橋 愛子
株式会社シナジー・マネージメント 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【任意売却】ニンバイ物件の勘違い

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

こんばんは。(^∇^)




シナジー・マネージメント  高橋です。



かれこれ1年半前に任意売却を終えたお客様に


久しぶりにお電話をしました。



任意売却が終わっても、お付き合いが続いている方がほとんど


なので、近況報告などを兼ねてお電話をしています。



久しぶりにお話したお客様はとても元気そうで、


なんだか声を聞いただけで元気をいただきました。




さて、不動産業者さんなどにたまに言われること↓


「ニンバイ物件だったら室内汚いですよね?」



「ニンバイ物件だから安くなりますよね?」


という偏見。


最近では、一般のお客様にも「ニンバイ物件」の偏見はあるように


思います。


※任意売却を業界では、「ニンバイ」と略すことが多い。


ニンバイ物件だから・・・


という偏見はよくないと思うのです。


任意売却は、確かにローンが支払い困難になり、


不良債権化し、残債務が残っても売却ができる方法ですが、


それだからと言って、汚いとか、安いとか、


そんなキズもののように言われるのはとても抵抗があります。


任意売却だからと言って、なにも負い目は無いと思っています。


なぜなら、ローン返済が厳しくなって、自らの手で少しでも高く売って


返済しようとしている売主さんの物件です。


愛着のある我が家、苦渋の決断で売却するのです。


とてもキレイに使用している物件があったり、


リフォームをしている物件だってあります。


任意売却物件以外に数十件物件を見たお客様から


「この物件が一番キレイで、気に入りました☆」


と言っていただくこともあります。


ですから、


ニンバイ物件だから


という偏見は無くすべきだと思うのです。


当然のごとく言ってくることは、もはや時代遅れだと思います。



不動産は生き物です。


どんな物件にだって様々な事情やドラマがあります。


任意売却


はダークなイメージではなく、


クリーンで正当なやり方であることが


一般にもっともっと認知されるべきだと思っています。







  任意売却支援ネット





このコラムに類似したコラム

【任意売却】費用はいくら? 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2013/01/20 16:57)

税金差押の話 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2012/09/28 14:11)

目先の利益よりも大切なもの 高橋 愛子 - 宅地建物取引主任者(2012/08/09 20:21)

囲い込み、おとり広告 山田 大史 - 代表サポーター(2016/11/27 10:10)

任意売却ってなんですか? 山田 大史 - 代表サポーター(2016/08/02 10:35)