小笠原 隆夫(経営コンサルタント)- コラム「表立っては提供しづらい「失敗事例」の情報」 - 専門家プロファイル

小笠原 隆夫
組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

小笠原 隆夫

オガサワラ タカオ
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
Q&A回答への評価:
4.7/75件
サービス:4件
Q&A:193件
コラム:527件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

表立っては提供しづらい「失敗事例」の情報

- good

社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え 2017-11-14 08:00

 いろいろな企業のお手伝いをしていると、「失敗事例を提供してほしい」と言われることがあります。まだ提案段階のうちから言われることもありますが、私も企業人事の立場を経験しているので、前もってリスクを知っておきたいという気持ちは良くわかります。


 実際世の中に出ている情報は、宣伝文句も含めて「成功事例」であふれています。

 例えば、最近よく目にするダイエットであれば、短期間でかっこよく痩せた人の情報がたくさん出ています。ただ、普通に考えればそんなにうまくいく訳はなく、成功事例の裏には途中で挫折した人やうまくいかなかった人など、数多くの失敗事例があるはずです。

 もちろん本当に高い成功率を誇っているのかもしれませんが、その内情を知ることは難しく、実際のところはよくわかりません。


 ダイエットのように広告宣伝の要素が強いものの場合、失敗事例を表に出すことのメリットは、特に業者側にとってはほとんどありません。顧客としては聞きたいでしょうが、業者側が積極的に失敗事例を語るということはたぶんしないでしょう。


 私と専門分野が近いようなコンサルティング会社でも、ホームページに様々な過去実績を掲載しているところがたくさんあります。これらも大半は「こんな課題があって、このように取り組み、解決に導いた」というものばかりで、やはり失敗事例はあまり見られません。


 ただ、ここで少し違うのは、ダイエットなどは「マイナス○キロ」のような明確なゴールがあり、期間内にそこまで到達できたかという結果が数字で測れるのに対し、私たちのようなコンサルティングの場合、成果の求められ方にはもう少しいろいろなパターンがあります。


 「こんな資料が欲しい」「こんな調査報告をしてほしい」「こんな制度を作ってほしい」など、要望された生産物を提供することが成果の場合もありますし、プロジェクト参画やその他実務的な作業支援そのものが成果という場合もあります。これらで失敗事例が生じることはほとんどありません。


 それ以外であれば、何らかの指標達成を成果としますが、特に人事や組織に関するテーマの場合、PDCAを回しながら少しずつ進める形が基本になるので、成果が見えるまでに時間を要するものも多くなります。

 これを進める中では、自分自身の過去の経験から、うまくいったことや逆にそうでなかったことなど、活用できそうな事例はたくさんありますが、それをその会社に当てはめたとして、以前と同様の結果になるとは限りません。

 その会社の現状分析を踏まえ、持っている引き出しの中身を組み合わせてプランニングをし、実行しながらプランを修正し、また実行するという繰り返しになります。

 こういう中では、成功事例と失敗事例をはっきりと切り分けること自体が難しくなります。


 とはいえ、実際にいろいろな取り組みをする中では、「かつてこんな経験があるから、これは止めた方が良い」などとアドバイスするケースはあります。失敗事例の一種ではありますが、成功と失敗が明確にできないことから、それを万人に通用する情報として、表立って発信することはやはり難しく、あくまで実際のコンサルティングの現場に限って、内部情報として提供していくことになります。


 そんな訳で、私たちも失敗から学ぶことは数多いですが、その情報を提供するのは、実際に仕事をさせて頂く機会の内部情報に限られるということになります。

 失敗事例を提供する必要性は感じるものの、それを表立って出すことはなかなか難しいと感じています。



カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

料金
無料

組織の課題は、当事者しかわからない事とともに、当事者であるために気づきづらい事があります。これまでの組織コンサルティングで、様々な組織課題とその改善プロセスにかかわった経験から、貴社社員へのヒアリング調査によって組織課題を明らかにし、その原因分析や対策をアドバイスします。予算がない、依頼先を見つけられないなど、社外への依頼が難しい中小法人限定です。社員ヒアリングのみで行う簡易診断になります。

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム