小笠原 隆夫(経営コンサルタント)- コラム「下積みは必要なのか、何年が適当なのか」 - 専門家プロファイル

小笠原 隆夫
組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

小笠原 隆夫

オガサワラ タカオ
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
Q&A回答への評価:
4.7/75件
サービス:4件
Q&A:193件
コラム:599件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

下積みは必要なのか、何年が適当なのか

- good

社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 私の思い・考え 2016-04-26 08:00

 ある企業の人事担当者が書いたブログで、「新入社員が退職した」という記事が、一時期ネット上で話題になりました。

 

 入社10日にして、「アルバイトの延長のような販売の仕事は、ずっと続けていく気にならないし、自分に向かないから辞めたい」と言ってきた新入社員に対して、「社会人の時間は長く定年までは約40年。社会人にとって入社後の10年は、大学で言えば1年生に相当する」と、運動部の一年次にたとえ、「楽しさにたどり着く前に職を変えてしまうから、幸せになれない」「楽しさに至るまでには下積みが必要」と諭す内容でした。

 

 この内容は反響を呼び、多くは肯定的な意見でしたが、中には「面白くないと思っている人に無理やりやらせても辛いだけ」などの批判的な反応や、「変化の早い時代に下積みに10年も費やすのは危険すぎる」という意見もあったようです。年功序列、終身雇用で同じ会社に定年まで勤める前提の「昭和の価値観」だということでした。

 

 確かに「どんな仕事でも下積みが必要だ」ということは私も同感ですが、それでも「下積み10年」と言われると、必ずしもそうとは言い切れません。10年はやっぱり長いです。

 

 実際に私自身が10年前に考えていた将来のことと、今の現実の状況を突き合わせてみると、その当時に想像できていたことは、かなり少ない感じがします。私の感性が鈍いのかもしれませんが、変化が激しく予測がしづらい時代であることは間違いないと思います。

 

 これはある有名な寿司店の話ですが、今は新卒採用の形で学生を採用し、研修の形で調理に関する技術も学ばせていくのだそうです。

 昔ながらの徒弟制度で、先輩がいる限りはそれ以下の下働きの仕事しかさせてもらえず、技術もただ「見て覚えろ」ということが大半では、一人前になるまでの時間がかかりすぎるし、なによりも本人の根気が続かず、途中であきらめて辞めてしまう人が多いからということがあるようです。

 

 最近も、ホリエモンこと堀江貴文氏が、ちょっと過激な物言いで寿司店の修行重視の考え方を、「下積み原理主義」などと言って批判していましたが、すでにこういうことを始めているところもあるということです。

 

 これを会社に置き換えて考えれば、社員の成長速度が速まれば、それはメリット以外ないはずですが、会社から成長を速めていくための働きかけは、意外に少ないと思うことがあります。自分の力でどうにかしろという会社が、思いのほか多いということです。

 

 もちろん本人のセンスや能力によって、その成長の速さは左右されますが、何も教えられず、実践する場を与えられないままで、仕事を身に付けることはできません。

 一昔前のように、「本人次第」「見て覚えろ」では、時代が要求するスピードには追い付くことができませんが、そのことを「センスが無い」「覚えが悪い」などと、本人のせいだけにしていることも多いように感じます。

 

 下積みは絶対に必要だと思います。ただ、いったいどこまでが下積みなのかの線引きはしづらく、下積みには長い期間がかかるとの考え方に引きずられてしまうという部分はあるでしょう。

 

 いくら下積みが必要だとは言っても、変化が速い今の時代の会社の中で、「下積み10年」などと言ってしまうのは、さすがにちょっと長すぎはしないでしょうか。効率的な育成という視点も必要になってきていると思います。



カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

料金
6,000円

「今一つ元気がない」「何となく一体感がない」など、職場の風土や雰囲気に関する悩みについては、当事者しかわからない事情とともに、当事者であるために気づきづらい事もあります。これまでのコンサルティングで、活気を維持する、活気を失う、活気を取り戻す、という様々な事例、プロセスを見た経験から、会社状況に合わせた原因分析、対策をアドバイスします。(同テーマのメール相談を、より詳細に行うための対面相談です)

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム