高橋 昌也(税理士)- コラム「夏を迎え、ちょっと段階は変わったかも」 - 専門家プロファイル

高橋 昌也
「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

高橋 昌也

タカハシ マサヤ
( 税理士 )
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:4,016件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

夏を迎え、ちょっと段階は変わったかも

- good

経営 会計・税務 2020-08-02 07:00

おはようございます、今日はカレーうどんの日です。
文字として読んだ途端、五感を刺激するこの破壊力。


廃業についてお話をしています。
コロナ直後の借金に対する考え方について取り上げました。


コロナ禍から早いもので4~5ヶ月くらいが経過しました。
感染者の状況については、私は専門家ではないので一切論評しません。


一方、経済の状況に関しては、商売人の一人としては毎日ヒシヒシと感じています。
やはり、かなり厳しい状況が続いているのは間違いありません。
ただ、4月や5月の緊急事態宣言時に比べると、多少は経済が動いてきています。


なんとなくですが、こんな感じの「少しピリピリした雰囲気」が、当面の間は継続するのでしょう。
売上や費用についても、たぶんこんな感じなのかな・・・というところがみえてきた。
そんな認識でいる中小零細企業が増えてきているように思います。


という状況を踏まえ、借金に対する考え方も、そろそろ段階が変わってきたように思います。
コロナ直後のときには「ともかく大きく、長く」と提言をしてきました。


最近は、少しずつその内容に微修正を加えている状況です。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ 「経営」のコラム

利益(2020/08/06 07:08)

借金の返済について(2020/08/05 07:08)

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム