高橋 昌也(税理士)- コラム「先行きが読めないときこそ」 - 専門家プロファイル

高橋 昌也
「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

高橋 昌也

タカハシ マサヤ
( 税理士 )
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:4,016件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

先行きが読めないときこそ

- good

経営 会計・税務 2020-08-01 07:00

おはようございます、今日は洗濯機の日です。
最近はコインランドリーもブームですね。


廃業についてお話をしています。
コロナ禍における、借金についての基本的な方針を提示してみました。


昨日の提言について、少し補足をします。
意図としてはこんな感じです。
2020年3月の雰囲気を思い出しながら読んで頂けると幸いです。


・コロナがいつ、どんな形で収まるのかまったくわからない
・先が読めないのだから、借金をためらっている場合ではない
・手許の現預金が尽きる前に、ともかく早めに金融機関に交渉すること
・借金の金額や返済期間も、どれくらいに設定すればよいのかさっぱり検討がつかない
・だからともかく「大きく・長く」が前提、金融機関側にどれくらい受け入れてもらえるか、こちらから質問する
・金利は確かに安いほうが良いが、金利無料を狙って、速度が落ちるほうが怖い
・金利は費用計上もできるので、安心料と思っておけばよい


***


・ただし、これらの話の前提となるのは、そもそも商売が成り立っていたことである


ということになります。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ 「経営」のコラム

利益(2020/08/06 07:08)

借金の返済について(2020/08/05 07:08)

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム