高橋 昌也(税理士)- コラム「複式簿記の限界について」 - 専門家プロファイル

高橋 昌也
「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

高橋 昌也

タカハシ マサヤ
( 税理士 )
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:3,987件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

複式簿記の限界について

- good

経営 会計・税務 2020-06-30 07:00

おはようございます、今日は夏越の祓です。
いやほんと、いろいろと祓って欲しいものです・・・


複式簿記についてお話をしています。
日常的に複式簿記で処理をすることで、非常時にも耐性が高まることを紹介しました。


ここで、複式簿記だけでは到達できない部分について簡単に。
複式簿記を採用することで、正しい決算書を作成することができます。
決算書は二種類に分かれていて


貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)
その人の財政状態(持ち物の状況)について表示されています。
個人事業主であれば、毎年12月31日の持ち物状況をまとめて作成します。
静止画(一時点における状況)を切り取った資料です。


損益計算書(そんえきけいさんしょ)
一年間の売上や費用を集計して、期間損益(儲け)の数字を計算します。
個人事業主の場合、1月1日から12月31日までです。
期間なので、動画(一定期間における状況)のような機能をもっています。


ただ、この2つの資料だけではわからない情報があります。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ 「経営」のコラム

税理士による書面添付(2020/07/10 07:07)

注記(2020/07/09 07:07)

数字に出ない情報(2020/07/08 07:07)

区分ごとの意味(2020/07/06 07:07)

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム