大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「外国から見た日本」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,130件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

外国から見た日本 のコラム一覧

88件中 1~10件目RSSRSS

コロナ休校前の週末、全生徒を登校させ自習を命じる高校

コロナ休校前の週末、全生徒を登校させ自習を命じる高校 コロナ騒動に揺れる日本政府の対応が海外でも大きなニュースとなっています。   「学校完全休校?」「は?」なんで、急に?   というのが大方の反応で、さすがクリティカルシンキングの国ではその「なぜ?」について推測しています。   「検査体制も遅れており、一般市民への十分な検査体制が整ってないため、実は感染者が発表されている数字よりもはるかに高いのではないか?」という日本の発表は信用出来な...(続きを読む)

2020/02/29 10:55

男女平等指数・惨めな世界121位の日本を見捨てカナダにいらっしゃい!

男女平等指数・惨めな世界121位の日本を見捨てカナダにいらっしゃい! Why gender parity matters. (社会で男女が平等に扱われているかどうかを数字で表した評価の大切さ)   世界経済フォーラムが世界各国の男女平等指数を発表しました。 日本はまたまたランクを下げ、惨めな121位。 全世界153カ国中の121位ですから、相当の低さです。 もちろん、先進国の中では堂々の最下位。   “Gender parity Index”から見え...(続きを読む)

2019/12/26 06:14

人生で成功するための4つの秘訣-日本の若者へ

人生で成功するための4つの秘訣-日本の若者へ “The Four Secrets of Success” (New York Timesの Nicholas Kristof が書いたコラムより)   「若いひとたちからアドバイスを求められた時にいつも答えること」だそうです。 私も同じような機会が多く、常々「幸せな人生の4つ秘訣」を心理学から引用して答えています。   Nicholas Kristofの「4つの秘訣」も、心理学の...(続きを読む)

2019/12/13 09:08

たくさんの「愛さん」へ - 30歳おめでとう!

たくさんの「愛さん」へ - 30歳おめでとう! “The Jessicas are turning 30”というコラムがWashington Postに掲載されました。 1989年に生まれた女の子に一番人気だった名前がJessica。 そのJessicaさん達が2019年30歳を迎えます。 同じ名前のJessicaさん、それぞれどんな人生を歩み、ここに至ったのでしょうか。   日本の1989年の女の子一番人気の名前は「愛」。 たくさ...(続きを読む)

2019/10/01 09:43

Where is science? 日本の無差別殺傷事件を憂いて

Where is science?  日本の無差別殺傷事件を憂いて カナダのCBCテレビのニュースが川崎で起こった痛ましい殺傷事件を伝えていました。 「日本ではこのような残虐な無差別殺人は多くはないが、確かに起こっている」との報道です。 The motive for the attack was not yet clear, but there were no immediate fears of a wider security threat. Ther...(続きを読む)

2019/05/29 06:47

IT分野で世界レベルになるための三種の神器

IT分野で世界レベルになるための三種の神器 こんな相談がネットにありました。 相当遅れていた日本のIT教育に塾産業が飛びつき、どこもかしこも「プログラミング教室!」と授業料を追いかけるようになったせいかと思います。 __________________  ぼくは小学校6年生です。将来の夢がモバイル関連の開発者になりたいです。 そこで近い将来アメリカに留学して技術を本格的に学びたいのですが まず何から学べば良いでしょうか? _...(続きを読む)

2019/05/12 07:17

“It’s all right.” 社会が決めたレールから飛び降りたい日本の若者へ

“It’s all right.” 社会が決めたレールから飛び降りたい日本の若者へ 4月。 新しく社会に出た若い皆さん。 親の言うことを反抗もせずおとなしく聞き、あなたの将来などそんなに関心もない教師の進学アドバイスを忠実に聞き、みんなそうするからと塾通い、部活に打ち込み、みんなが行くからと自分の成績に見合った大学にとりあえず入り。 特に勉強に興味があるわけでもなく、何となく大学生活を送り、就活を経て就職。 自分の人生に悔いはありませんか。 就活の頃か...(続きを読む)

2019/04/14 06:59

Japanese Girls! 制服のスカートを拒否しよう

Japanese Girls!  制服のスカートを拒否しよう Washington Post の記事 “Girls were forced to wear skirts at school to ‘preserve chivalry.’ So they sued – and won.” (「騎士道を守る」ために女生徒は学校でスカートを強要された。 だから女生徒は訴え、勝った。)   “Yay”と両手を挙げて応援したいようなニュースがアメリカから伝わっ...(続きを読む)

2019/04/07 06:57

外から見た日本 - 日本のお母さんの過酷な毎日

外から見た日本 - 日本のお母さんの過酷な毎日 “Japan’s Working Mothers: Record Responsibilities, Little Help from Dads” New York Timesがこんな記事を掲載しました。 「日本の働くお母さん:とてつもなく大きな責任を抱え、父親からの援助はほとんどない」 日本の父親が家事・子育てをする時間は、どの裕福な先進国よりも少ないのが事実です。 安倍首相...(続きを読む)

2019/02/03 10:26

なぜ日本人は英語エッセイが書けないか - 答えは日清コマーシャルの Osaka Naomi

なぜ日本人は英語エッセイが書けないか  - 答えは日清コマーシャルの Osaka Naomi 日清食品のコマーシャルがカナダ・アメリカで問題になっています。「日本てどんな国?」 日清食品はお詫びをしたとか。 ニューヨーク・タイムズにも取り上げられていました。 トランプに代表される危険な白人至上主義に目を光らせる現在、「日本てどんな国?」疑問が起こっても不思議がないと思います。   テニスのOsawa Naomi さん。 日本人の血を持つ人が世界で活躍するのは素晴らしい。 ...(続きを読む)

2019/01/23 04:51

88件中 1~10件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム