大澤 眞知子(カナダ留学専門家・英語教育者)- コラム「クリティカルシンキング」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学専門家・英語教育者 )
Super World Club 代表
サービス:5件
Q&A:110件
コラム:484件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

クリティカルシンキング のコラム一覧

43件中 1~10件目RSSRSS

これがトランプ - アメリカ民主主義の崩壊

これがトランプ - アメリカ民主主義の崩壊 歴代アメリカ大統領はいかにその大統領職の権威を守るかに心を砕いていたそうです。今年の1月までは。 こんなのを未だに放り出せないのが民主主義なら、アメリカが世界に広めようとした民主主義の完全な失敗のようです。New York Times の社説 "The Republican's Guide to Presidential Etiquette" より 名誉あるはずの大統領職 オレンジキングトラン...(続きを読む)

2017/10/10 04:02

“Always” の使い方 [トランプ家の英語用法から]

“Always” の使い方 [トランプ家の英語用法から] 英語の”always” もちろん意味は「いつも」です。 日本語で「あ~いつも猫の散歩をするんですよ。」は結構ゆるい意味で「大体いつもの習慣」的な意味を持っていると思います。   ところが、英語の”always” はそのまま「いつも」です。 例外があってはいけない「絶対いつも」です。 “I always walk my cat.” は、正に”always” です。 もし、猫の散歩が出...(続きを読む)

2017/07/13 07:35

脳科学と人工知能 [Neuroscience & A.I.]

脳科学と人工知能 [Neuroscience & A.I.] Harvard University教授 David Cox の World Economic Forum でのレクチャー。 これからの人工知能研究と脳科学とがいかに密接につながっているかが見事に語られています。 David Cox の話を聞いていると、彼自身の好奇心と類い稀な専門性にこっちまで興奮します。 実はDavid は、私が勉強した HarvardのオンラインコースFundamental...(続きを読む)

2017/05/23 06:24

カナダから徒然に-ビデオレポート

38年間クリティカル・シンキングを日本の子供たちに指導し、昨年9月よりカナダ在住です。 アルバータ大平原の小さな町からまたまた10キロ離れた、地平線のど真ん中に住んでいます。   ところが、ところが、日本にいた頃よりも実に様々な情報に溢れ世界のてっぺんから観察しているような気分です。   そんなカナダから、日々の情報を、特に日本から大きな外に目をむけてほしい有望な若い人達のためにテーマに...(続きを読む)

2017/05/04 03:59

カナダと日本の生徒 - 創造力の大きな差

カナダと日本の生徒 - 創造力の大きな差 カナダの小さな町のSecondary SchoolでComputer Science の基本プログラミングを教えています。 グローバライゼーションから取り残される田舎の小さな町の高校。 カナダの優れた教育制度の中にありながらも、地域がら、残念なことに IT教育では大きく遅れをとっていると校長が嘆いています。   カナダ人相棒と共に、日本で長年クリティカル・シンキング思考法を英語で教えたあと...(続きを読む)

2017/02/04 02:37

クリティカルシンキングからの提案ー「入試」止めれば?

クリティカルシンキングからの提案ー「入試」止めれば? 「大学入試」を変えねば! この国の若者に世界レベルの実力がついてない! という大号令の元、主におじいさんやおじさん達がずら〜っとメンバーに顔を連ねた「改革会議」とやらの報道が最近多いです。 本日の日経新聞には「高大接続システム改革会議」の報道。 大学「新テスト」問題例が公表されたんだそうです。 記述式の問題です。 「知識や技能を踏まえた統合的な思考力・判断力・表現力を...(続きを読む)

2016/01/11 16:20

日本の高校生にクリティカルシンキング- Week Two

日本の高校生にクリティカルシンキング- Week Two 日本の高校生のための、クリティカルシンキング入門授業が続きます。 本当の意味の英語のReading/Writing 能力をつけるためのクリティカルシンキング講座。   生徒は自分のペースでWeb 上に私たちの作ったオリジナルレクチャーを受講。 教室に来たときに、アサインメント(宿題)。 正にFlipping the classrooms という最先端の教育方法でクリティカルシンキングを学...(続きを読む)

2015/05/23 18:48

日本の高校生にクリティカルシンキング- Week One

日本の高校生にクリティカルシンキング- Week One 日本の高校生のための、クリティカルシンキング入門授業。 本当の意味の英語のReading/Writing 能力をつけるためには、まず必須の入門編。  6週間で構成されるクリティカルシンキングの基本のレクチャーを自分のコンピューター、iPad, iPhone などで受講。 好きな時に自分のペースで。 わからなかったら何度でも。   そのあと、教室に来て、またはWebで、アサインメントを...(続きを読む)

2015/05/08 20:19

クリティカルシンキングCase Study - "愛媛県立高校生ヘルメット義務化"を解剖

クリティカルシンキングCase Study - "愛媛県立高校生ヘルメット義務化"を解剖 この春、愛媛の高校生が叫んでます。 愛媛県内の全ての県立学校が2015年度から、自転車通学生のヘルメット着用を義務化することに決まったからです。 自転車に乗る生徒の安全化のためだそうです。 自転車通学生ではない生徒を含め、全ての県立高校生約3万人にヘルメットを無償で配布する予定だそうです。 県教育委員会は「都道府県レベルでの取り組みは全国で初めて」と胸をはっています。 確かに...(続きを読む)

2015/02/22 17:14

教育の先には何がある? -迷子の日本の親たち

教育の先には何がある? -迷子の日本の親たち Super World Club Hangout – Machiko と親たちの雑談会。 分析コラム第2弾です。   生徒たちに教えるクリティカルシンキングの手法を使い、親の悩みを表面化することが出来たかも知れません。   決して「理想」とは言えない日本の学校教育の「現実」を受け入れるべきか、また受け入れないとしたら、どんな選択肢があるのか? 親たちの悩みは続きます。   学校の言...(続きを読む)

2015/02/16 17:39

43件中 1~10件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム