ペットの医療・健康の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

ペットの医療・健康 の専門家に相談、悩み解決!

専門家をご紹介

沖田 将人

獣医

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、年中無休、CTスキャナ導入など動物たちの幸せにつながることなら、飼い…

沖田 将人

増田 国充

獣医師

西洋医療・東洋医療の両方の視点で獣医療に取り組みます

静岡県で動物病院を開業しております。当院では漢方や鍼灸をはじめとした東洋医療を獣医療に取り入れ、現在県内外からご来院いただいております。鍼灸や漢方に関する…

増田 国充

Dr.Nyan

獣医

老齢管理を頑張る、気が若い獣医師

「病気にはならないよう、また健康維持のために動物病院を受診するよう」願い、老いても自力で歩き、自分で食べ、誰の手も患わせずにウンチやオシッコが出来る、そん…

Dr.Nyan

平野 由夫

獣医

獣医療の透明性と動物に優しい診療を、常に心がけています。

言葉を話す事ができない、ワンちゃんやネコちゃんの診療は、いつも身近で暮らしている皆様から、日々の生活の様子を、お伺いするところから始まります。どうぞ、皆様…

平野 由夫

利用者からのQ&A相談

ベトメディンの副反応でしょうか?

11歳のチワワのオス。体重は3.6キロで少し大きめです。特に病気もせず健康状態は良好と考えていましたが、定期健康診断に伺った際に僧帽弁閉鎖不全症が進行している事が分かりベトメディンを処方していただきました。投与後2〜3日で気力が徐々に無くなり、それまで走り回ったり、来客のドアチャイムが鳴ると吠え続けていた行動もしなくなり、物音にも関心がなくなったのかベッドに頭を乗せたまま持ち上げることもせずじっと...

回答者
千田 純子
獣医
千田 純子

腸閉塞による手術後の死亡について

6歳男の子のマルチーズが誤飲による腸閉塞の術後に亡くなりました。診察時には、胃に異物のようなものがあるとのことで開腹手術しますかとのことでお願いをしましたが、実際にお腹を空けてみると、舌から腸まで長い紐状の異物が絡まっており、腸閉塞が起こっていてかなり危険な状態だと手術中に説明をされました。手術後、何とか意識は取り戻したもののすごく苦しそうに息をしているのととてもぐったりしている状態で、この後もど...

回答者
沖田 将人
獣医
沖田 将人

生後4ヶ月のキャバリアの子を落としてしまいました

生後4ヶ月のキャバリアの子を抱っこしていたところ、腕の中で暴れてしまい、フローリングへ顎から落ちてしまいました。10秒ほどキャンキャンと泣いてましたが、その後走り回って遊んでいました。大丈夫そうですが不安です。大丈夫でしょうか。。

回答者
千田 純子
獣医
千田 純子

トイプードルを落としてしまいました

生後二ヶ月のトイプードルです。本日が受け取りの日で、玄関先でキャリーから出した際にコンクリートのところに落としてしまいました。嬉しくなってしまい、キャリーから出してしまったことで落としてしまいとても反省しています。声を上げることはなく、その後抱き上げた際にも吠えたりぐったりする様子はありませんでしたが、寒かったのか痛かったのか震えている様子が見られました。その後ゲージに入れて数分後にトイレをして、...

回答者
千田 純子
獣医
千田 純子

うさぎの想像妊娠について

おそらく想像妊娠かと思いますがチモシーを加えて不思議な行動をとってます。何日かたって落ち着いたんですがあまり食欲が戻らず心配です。どうしていくのがベストなのか教えていただきたいです

回答者
沖田 将人
獣医
沖田 将人

専門家が投稿したコラム

ペットの〇〇ブームは恐ろしい!

「ペット問題行動」解決ドクター 千田純子です。 先日、久しぶりにラブラドールのしつけを頼まれました。20年ぐらい前のレトリバーブームの時は、ゴールデンやラブラドールなど何百頭もしつけをしてきたのですが、この頃はめっきり少なくなりました。ペットの〇〇ブームというのは、とても恐ろしいものです。 私も1995年頃長年の希望だったラブラドールを飼い始めたのですが、まだその頃...

千田 純子
執筆者
千田 純子
獣医

ペットのメタボリック症候群

ペットの30%以上が肥満であると言われ始めてから10年以上経ちますが、今朝のTVでも取り上げられていましたね。動物の行動学の勉強会でも肥満であったり、偏食や、少食の問題が取り上げられていましたが、多くの獣医師さんが、「飼い主さんに食事を制限してもらうことが難しい。」というところで話がいつも行き詰ってしまいます。 「動物の病気を診る」ということが仕事だと思っている獣医さんがほとんどです。...

千田 純子
執筆者
千田 純子
獣医

ワクチンを打つなら午前中に

 犬にせよ猫にせよ年に1回混合ワクチンの接種が必要です。    いやワクチンは2,3年に1回でいいはずだ!  いやいや、やっぱり毎年接種すべきだ!!という議論は置いておいて(それはまた難しい話になりますので)、少なくとも接種する必要はあるのです。    このワクチン、いついかなる時にも接種して良いかというとそうではありません。    もちろん人間のワクチンと同じように、元気食欲がある...

沖田 将人
執筆者
沖田 将人
獣医

ワンちゃんの認知症を早期発見をするために。

「ペット問題行動」解決ドクター 千田純子です。 認知症は進行性の病気なので、なるべく早く治療を開始することによって、進行を遅らせることができます。年だから仕方ないと放置していると、夜泣きや粗相がひどくなって、手がつけられなくなってきます。さらに、症状がひどくなると効果のある治療法が少なくなってきます。 動物放棄の理由の中には痴呆症によって「夜泣きがひどくなって飼い続けられなくな...

千田 純子
執筆者
千田 純子
獣医

老犬の問題は子犬の時のしつけから

ペット問題行動」解決ドクター 千田純子です。 愛犬が8歳を超えてくると、様々な問題行動が出てきます。年をとると、新しいことができなくなると思っている方が多いかもしれませんが、同じことでも違うように覚えていくことがあります。 また、年をとっていくと新しいことに対する反応が異なってきます。 自分の体が若い頃のように動かないので、自分の身を守るための行動が多くなってきます。...

千田 純子
執筆者
千田 純子
獣医

サービス

バッチフラワー体験講座

心と身体を癒して、ストレス耐性(レジリエンス)を高めるために。

カテゴリ:ペットの医療・健康全般

料金:550(税込)

場所:千葉県千葉市中央区

千田 純子

千田 純子

(獣医)

ペットの心を癒すバッチフラワー体験講座

ペットのストレス解消のために。

カテゴリ:ペットの医療・健康全般

料金:1,650(税込)

場所:千葉県千葉市緑区

千田 純子

千田 純子

(獣医)

ペットの『がん免疫療法』についてのメール相談

がん三大療法からさらに一歩すすんだ第四の取組み 『腫瘍に負けない身体づくり』

カテゴリ:ペットの医療・健康全般

料金:無料

場所:---

平野 由夫

平野 由夫

(獣医)

ペットと飼い主の心を癒すバッチフラワー講座

飼い主とペットが幸せに暮らすために

カテゴリ:ペットの医療・健康全般

料金:16,500(税込)

場所:東京都世田谷区

千田 純子

千田 純子

(獣医)

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「相続対策!生命保険の活用方法」に関するまとめ

  • 生命保険に加入しておけば相続税が安くなるって本当?気になる方はチェック!

    生命保険に加入しておけば、万が一の時も安心!それだけでなく、現金を持っているよりも相続税対策として有効とご存知でしたか?「万が一」だけでなく、生命保険を自分の死後、大切な家族を守るために相続税対策としても考えてみませんか?なぜ相続税対策として生命保険が選ばれるのか、相続を考えるときに生命保険を選ぶメリットとは、そんなお悩みを専門家が解説!

「ネコの病気」に関するまとめ

  • 飼い猫が病気になったらあなたはどうしますか?獣医さんに聞いた猫の病気の対処法

    飼っている猫の具合が急に悪くなった!そのときアナタはどんな行動をとりますか?最近、飼い主さんが「一日様子を見よう」といって重症化してしまうケースが増えているとか…。動物は人の言葉を話すわけではありません!あなたの大切なパートナーと長く一緒に過ごすためにも、「ちょっと食欲ないな」「歩き方がおかしいぞ」など普段と違う行動をしているなと感じたら、すぐに獣医さんなどの専門家に相談しましょう!

「ペットの不調」に関するまとめ

  • ペットの医療・健康に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積