保険での資産形成について - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険での資産形成について

マネー 生命保険・医療保険 2013/01/11 03:19

34才 男 独身です。

資産形成について、銀行に相談に行ったら、以下のような保険商品を勧められました

あいおい生命 低解約定期保険 100歳 保障 15年払い
貯蓄目的で15年払込後は元本以上になるので、必要になったタイミングで解約

富士生命 E終身
払込を10年の短期払いにして、払込後はあいおいと同様に資金が必要なタイミングで解約

ドル建ての終身保険
上の2つに比べ、ドルベースでの利率は良い。やはり10年や15年の短期払いにして、払込後は暫く寝かせておいて老後など必要な時期に解約。為替の影響は受けるが、長期間持っておけばドル換算では増えてるので円にしても、元は取れるかもしれない(?) 資産をドルで持つ目的も有ります


保険での資産運用はしたこと無いのですが、具体的な商品名はともかく同種類の保険でも上の3つの様な保険商品ではどれが良いのてしょうか?

私自身は
34才 会社員 年収450万円位
会社の寮住まい 結婚予定無し

保険は 「医療保険、終身、掛け捨て、月2100円」、 「 がん保険、終身、掛け捨て、診断一時金200万円、月2300円 」 に入ってます

また月1万円支払で個人年金(60才からの10年確定)に入ってます

貯蓄は財形住宅と一般財形、定期預金に月例給与とボーナスをいつも貯蓄しているだけで、今は約1100万円位の現金貯蓄があります。

会社の退職金が確定拠出年金しかないので、そこで国内外の株式や債券の投資信託で運用してます。

現金預金の比率が高いので、保険でも運用した方が良いのでは?と思ってますが、どうお考えですか?
保険は保障のみを求め、資産形成は保険ではなく、別の商品でやった方が良いのでしょうか?

独身ですので、上記の生命保険には、死亡保障は求めてません。あくまで運用のみです。(そもそも今死亡しても、会社から800万円程の死亡退職金は出るようです)

ひろひろりんさん ( 東京都 / 男性 / 34歳 )

回答:2件

岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

目的に応じた商品選び

2013/01/11 09:23 詳細リンク
(5.0)

初めまして、FPの岩川と申します。

どちらの商品が良いのか?と言うのも大切ですが、ひろひろりん様の運用ニードに適した商品かどうかです。

例えばですが、10年程度使用しない資金を「定期預金より多少リターンを得たいが、元本割れは受入れられない」
このような方には、生命保険の利用は良い判断と考えることも出来ます。

円で、確定的なリターンを目指すには、生命保険のリターンは決してわるくはありません。
ご自身の考えに合うならば選択の1つになります。

ただ、ドル建ての生命保険は決して有利とは言えないので、別の商品を検討されるとよいと思います。
ドル建て終身保険の解約金は、主に米国債券での運用結果に値します。
つまり、保障が必要ないなら、ダイレクトに米国債券を購入した方が圧倒的に有利です。
生命保険利用とは、結構な差が出ます。

ひろひろりん様は、内容を拝見する限り、変動商品の知識もあるようですから、ご自身の目的を再確認し、商品を選択すると良いのではないでしょうか。

金融機関から勧められた商品から選択することが多いですが、「目的ありき」ですから、くれぐれもご注意ください。

ご不明なことがあれば、どうぞ気軽にご質問ください。

債券
運用
生命保険
終身保険

評価・お礼

ひろひろりんさん

2013/01/14 02:52

こんばんは
お礼が遅くなりまして申し訳ありません。
商品ありきではなく、どのように保険をつかうかまずは目的をはっきりと考えるべきでしたね。
銀行の方に勧められて、ついつい保険を利用するのが前提の考えになっていました。

そして、ドル建てはあまり有利ではないのですね。運用をするなら、投資信託等で行うことも
考えていきたいと思います。

その中で、まだ生命保険の税金控除に分については私は控除枠が余ってますので、この確実な税制上のメリットを享受しながら貯蓄をするのか、保障は必要ないので契約しないのか、をもう少し考えてみたいと思います。
ご丁寧なアドバイスありがとうございました。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

保険で貯蓄することのリスク

2013/01/12 15:09 詳細リンク
(5.0)

ひろひろりん 様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャルプランナーの釜口です。
http://www.bys-planning.com

現金預金の比率が高いので、保険でも運用した方が良いのでは?と思ってますが、どうお考えですか?
保険は保障のみを求め、資産形成は保険ではなく、別の商品でやった方が良いのでしょうか?
⇒最終的にはひろりんりん様のご判断ですが、
貯蓄だけが目的でしたら、保険は基本的におすすめはできません。

以下3点は私が考える保険で貯蓄することのリスク
1.保険会社破綻リスク…貯蓄性が高い保険ほど痛手が大きい
保険は保障部分以外のセーフティーネットはありません。

2.インフレリスク…保険はほとんどが長期固定利率のため、インフレになった場合、
固定で決められた保険金や解約返戻金の価値が相対的に下がっている可能性がある。

3.途中解約リスク…不測の事態が発生し、解約しなければいけない事由が発生する可能性はゼロではない。

ただ、保障も確保した上で貯蓄もしていきたいという目的でしたら、
生命保険も選択肢になると私は考えます。

ご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください。
http://www.bys-planning.com

よろしくお願いいたします。

資産形成
運用
生命保険
資産
選択

評価・お礼

ひろひろりんさん

2013/01/14 03:03

こんばんは、親身なアドバイスありがとうございました。
お話を伺うと、保障と貯蓄の目的は分けて考えた方が良いのでは?と感じるようになってきました。

保険のリスクの
1.保険会社破綻リスク…貯蓄性が高い保険ほど痛手が大きい
保険は保障部分以外のセーフティーネットはありません。

は破綻した時には、貯蓄部分と保障部分は9割は確保されるものと思ってましたが、そうではないのでしょうか?
それならば、貯蓄部分については元利1000万円まで保護される預金や、銀行などとは運用会社が異なる投資信託等の方が、破綻時のリスクはないですよね。(投資信託は値動きするのでリスクゼロではありませんが・・・)

いずれにせよ、医療とがん保険で必要な保障は終身で確保して、貯蓄に関しては投資信託やMMF等で考えてみようと思います。

保障と貯蓄を同じには考えずに、分けてそれぞれ必要なところのみを上手く利用いていこうと思います。
ご教授ありがとうございました。

釜口 博

2013/01/14 10:06

高評価をいただきまして、ありがとうございます。

破綻した時には、貯蓄部分と保障部分は9割は確保されるものと思ってましたが、そうではないのでしょうか?
⇒保険会社が破綻した場合は、
責任準備金の90%以上を補償するという生命保険契約者保護機構の
制度はありますが、引受保険会社は予定利率の引き下げを行うことが
できます(今までの破綻した保険会社の契約分はすべて予定利率の
引き下げが行われています)。

予定利率が保険金や解約返戻金、満期保険金、年金額に影響を
及ぼす保険商品は、終身保険や養老保険、個人年金保険などの
貯蓄性の高い保険です。

いずれにせよ、医療とがん保険で必要な保障は終身で確保して、貯蓄に関しては投資信託やMMF等で考えてみようと思います。
⇒賢明な考え方だと思います!

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生命/医療保険の加入と資産運用 ここのとーさんさん  2010-03-24 01:00 回答4件
死亡保障は定期保険か終身保険か? oji123さん  2009-04-16 22:25 回答6件
夫の生命保険について教えてください。お願いします。 リコピンさん  2012-03-17 18:33 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)