出産手当金に関して - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

出産手当金に関して

マネー 年金・社会保険 2012/12/03 14:01

2013年2月中旬から産休に入る予定でいます。
産休中の手当の計算方法について質問です。

私は、2012年4月まで第一子の子育てのため育児休業をしており、2012年5月1日に復帰しました。
2012年7月の月中と2012年11月の月初に2度の昇給があったため、基本給が変わっております。
具体的には下記のとおりです。
2012/5 ¥219,000
2012/6 ¥219,000
2012/7 ¥236,000
2012/8 ¥248,000
2012/9 ¥248,000
2012/10 ¥248,000
2012/11 ¥290,000
2012/12 ¥290,000 (予定)
2012/1 ¥290,000 (予定)

2012/9から現在(2012/11支給分まで)の標準報酬月額は220,000のようです。
ですが、産休に入る前の給与と現在健康保険等を計算している標準報酬月額がかい離しているので、できれば産休手当には直近の給与を反映してもらいたいのですが、それは可能なのでしょうか?
どのような計算になるかご教示いただきたいです。
よろしくおねがいします。

m----さん ( 神奈川県 / 女性 / 37歳 )

回答:1件

松山 陽子

松山 陽子
ファイナンシャルプランナー

- good

随時決定の対象となり、改定されます

2012/12/07 14:18 詳細リンク
(5.0)

m----さん 初めまして
FPの松山陽子と申します。

来春ご出産予定とのこと、おめでとうございます。どうかくれぐれもご自愛ください。

さて、標準報酬月額は、4~6月に支給された給与をもとに等級を決定します。

あなたの場合、4月がゼロなので5~6月の平均値から、220000円(21万以上23万円未満)の等級になったのですね。

原則として、その等級を9月から翌年8月まで適用するのですが、昇給などにより2等級以上の差が生じたとき、3カ月継続した時点で「随時改定」となります。

248000円の場合、23万以上25万未満の等級なので、現在と1等級しか違わないので対象になりませんでした。

ところが、11月から29万円になったことで、29万以上31万未満の等級(30万円)となり、22万円からは4等級違ってきます。3カ月続くのは1月の給料日かと思いますので、その時点で随時改定の手続きが必要となります。これは会社が行う手続きです。

以後300,000円の等級となり、それに応じた出産手当金が支給されます。

不明な点があれば、ご質問くださいね。

報酬
昇給
出産

評価・お礼

m----さん

2012/12/28 09:57

わかりやすい回答をいただきありがとうございます。
1月の給与明細から30万円の等級になりますでしょうか?それとも1月では22万円の等級で
2月以降に30万円の等級となるのでしょうか?
もし1月の給与明細で30万円の等級が確認できれば出産手当金の等級も安心な気がするのですが
22万円であれば、一応人事に確認しておいたほうがよいでしょうか?
1月給与が出てから産休開始まで日数がないため、ちょっと不安です。

重ねての質問となり大変恐縮ですがご回答いただけますと幸いです。

松山 陽子

松山 陽子

2012/12/28 23:10

m----さん 高評価をいただき、ありがとうございます。

8~10月の平均値248000円では1等級しか違わないので随時改定の対象ではありませんが、9~11月の平均を取ると262000円で、4月に比べると3等級違うため、厳密には、ここで一度随時改定の必要があります。

したがって12月分から26万の等級になっているはずです(これは変わりましたか?間もなく再改定なので、省略している可能性もあります)。

翌月10~12月の平均を取ると28万の等級ですが、1等級の差のため対象外。

翌月11~1月の平均を取ると30万円の等級となり、現在適用されている「26万」と2等級差なので随時改定。それは2月支給の給与から適用されます。

このように原則通りしても、一度省略していたとしても、いずれにしても「30万円の等級」が適用されるのは、2月の給料日になります。

「3ヶ月続いて、翌月(4か月目)から」というルールです。

本当はあなたのように、高い保険料を払っても高い出産手当金を受け取る方がトクなのですが、世の中の多くの人は、少しでも保険料が安い方がいいと思っています。人事が「気をきかせて」改定しなかった、なんてこともあるかも知れませんので、念のため確認しておいた方が安心ではないでしょうか。

なお、標準報酬月額は、交通費も含んで計算します。上記計算では交通費をゼロとしているので、交通費の額によっては等級の刻みが変わることもあります。また給料の締日、支給日の都合で、誤差があるかもしれませんので、ご了承ください。

くれぐれもご自愛くださいませ。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

育児休業後の社会保険料 アラゴンさん  2012-07-19 16:59 回答1件
育児休業基本給付金の支給要件について voodoopkさん  2009-09-24 14:45 回答1件
育児休業給付金受給要件等について skygood1207さん  2015-08-28 03:17 回答1件
休職中の保険料について クラノスケさん  2013-07-11 21:26 回答1件
出産手当金について tel_0525さん  2008-08-26 21:45 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)