法人成りしていても家族関係は重要 - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人成りしていても家族関係は重要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、1月も残り僅かですね。

…毎年のことですが、アレ?もう1月終わり?というこの焦燥感。

 

税金と家族の関係について紹介しています。

個人事業主が家族に給与を支払うケースを紹介しました。

このお話ですが、実は法人成りしていても重要です。

むしろ法人成りしてからの方がより重要度を増す話だったりします。

 

法人成りをすると、会社から給与をもらうことになります。

ただ中小企業の実態で考えると、この給与額は

 

・実際の生活費額とは関係ない

・法人と個人で儲けの額をある程度分配する

・結果として節税を図る

 

そのために設定される、合法的な架空経費のようなものです。

そしてこの設定幅は、家族がいることで飛躍的に選択肢が増えます。

家族で働いていることで図れる節税額は相当なものとなります。

もちろん、ここでも勤務実態などは重要です。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

固定資産関係 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/04 01:00)

ここまでのまとめ 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/01 01:00)

給与に対する課税 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/30 01:00)

法人を作る目的 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/29 01:00)

法人成りや家族への給与 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/08 01:00)