相続税での家族関係 - 税務全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税での家族関係

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 税務全般
経営 会計・税務

おはようございます、北海道より帰ってきてもうすぐ一週間。

不思議なもので、川崎に戻ってからの方が寒さを強く感じます。

 

昨日まで所得税と家族関係について紹介していました。

次に相続税と家族関係について取り上げます。

まず、相続税より前に相続について少し考えてみます。

 

相続は人間が死から免れない以上、常に起こり得ることです。

しかしながらそれは非日常性が強く、多大なるエネルギーを要します。

 

そのエネルギーですが、家族関係が良いのと悪いのとでは

まったく必要量が変わってきます。

家族仲が良いケースでは、ひとりひとりのエネルギーが

ひとりでやるよりも遥かに少なく済みます。

逆に家族仲が悪い場合、ひとりひとりのエネルギーは

ひとりでやるときの数倍、数十倍、数百倍が必要になることがザラです。

揉めに揉めて裁判にまでなり、十年単位で争い続けているようなケースもよくあります。

 

税金うんぬんとは別問題として、相続において家族関係は大変に重要です。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

税率 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/29 01:00)

基礎控除 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/28 01:00)

相続税の改正 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/27 01:00)

税制全体の動向 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/28 07:00)