ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスその3 - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスその3

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

先日、ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスとしてご紹介させていただきました「アブリフト」ですが、ゴルコア2周年記念コンペのラウンド前のウォーミングアップとしも行ったエクササイズです。

ラウンド前にはとても効果的です!

今日はさらに「アブリフト」でしっかり引き込んだお腹をさらにパワーアップさせるためのエクササイズです。

 

ポイント&プローン

1.  四つん這いになり骨盤はニュートラルポジション、腰が反らないようにしっかりお腹を引き上げておきます。

2.  鼻から息を吸って、口から息を吐きながらお腹(腹横筋)を背中の方に引き上げます(お腹をへこませます)。

3.  息を吸って頭からお尻まで引き伸ばし、背骨を一直線になるように意識します。腰はニュートラルポジションをキープ。まずはしっかりアブリフトでお腹への意識を高めていきます。

4.  息を吸って吐きながら右腕を床と平行に伸ばします。指先と尾骨で引っ張り合います。息を吸いながら元の位置に戻ります。同様に左腕も伸ばします。

5.  息を吸って吐きながら右脚を伸ばします。腰が反らないように!そのためにはお腹が抜けないように意識します。息を吸って元の位置に戻します。同様に左脚も伸ばします。

6.  息を吸って左脚と右腕を伸ばします。お腹が抜けないように注意。

7.  左右対角線上に5回引き伸ばします。

 

手と足を伸ばす時にお腹が緩まないようにしっかりお腹を引き込んでおきましょう。

片足を上げたときに重心がぶれないように、お腹を中心に真中でバランスを保つように行き視しましょう。

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

このコラムに類似したコラム

ゴルフスイングに必須の下半身-足指を鍛える 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/19 12:21)

ゴルフスイングに必須の下半身-足裏を鍛える 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/15 20:56)

スイング軸がぶれているかどうかチェックしてみましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/06/07 15:38)

バックスイング時のカラダの動く順番を覚えましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/27 21:07)

アドレス時に自然に脇がしまるようになるためのゴルフピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/24 15:48)