アドレス時に自然に脇がしまるようになるためのゴルフピラティス - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アドレス時に自然に脇がしまるようになるためのゴルフピラティス

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

前回はピラティス的アドレスをご紹介させていただきました。

今日は、その中でも出てくる腕の位置。結構腕の位置が定まらないという方が多いので、「コブラ」というゴルフピラティスで、自然に脇がしまる腕の位置を覚えましょう。

 

コブラ

1.  うつ伏せに寝ます。両腕は身体の脇に掌を下にしておきます。

2.  鼻から息を吸ってお腹を背中の方に引き込みます。このままお腹はキープ。

3.  口から息を吐きながら上半身を斜め上に引き上げます。腰が反らないように注意、顎を引いて目線は斜め下。

4.  同時に両脇の腕を肩から外旋させ、両掌を外側に向け、親指を天井に向けます、さらに左右の肩甲骨を寄せ合います。

5.  息を吸って元の位置に戻ります。

6.  10回行います。

上半身を斜め上に持ち上げる際に、足が上がらないように注意、足が上がると腰が反ってしまいます。しっかりお腹を背中の方に引き上げ、下半身を安定させましょう。

さらに、肩の力を抜いて肩甲骨を下げて安定させます。

上半身を斜め上に引き上げるときに、背骨をしっかり引き伸ばしましょう。

腕を元の位置に戻す時もゆっくり戻しましょう。

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

このコラムに類似したコラム

バックスイング時のカラダの動く順番を覚える【実践編】 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/28 22:53)

アドレス時に自然に脇がしまるためのゴルフピラティス② 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/26 22:46)

ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスその3 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/20 22:36)

GWラウンドの皆さま向けゴルフピラティスストレッチ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/05/03 20:24)

ゴルフスイングに必須の下半身-足指を鍛える 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/19 12:21)