運動不足が股関節痛を誘発!?痛み予防のエクササイズ - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
田中 宏明
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2017年08月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

運動不足が股関節痛を誘発!?痛み予防のエクササイズ

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

みなさん、こんばんは(^^)/

今日は股関節痛について考えてみましょう。
原因は様々ですが、今回は運動不足による股関節痛に絞り込んでまいります。

股関節の機能には荷重を保持・分配することがなどがあげられます。
股関節の主動筋と拮抗筋の動的バランスが等しい張力で保たれていればいいのですが、
張力に不均衡が生じると力の分配が乱れてしまい、
大腿骨頭が寛骨臼(臼蓋窩)との過度の接触により摩耗をきたすといわれています。
大腿骨頭部周囲に筋肉があればある程度は予防できますが、、、

運動不足ってこわいですね(*´Д`)

そこで今回は、無理なくできる運動をひとつご紹介させていただきます。

大腿骨の骨頭部は、骨盤の中の寛骨臼に覆いかぶされています。
そのため、骨頭部周囲筋は血流が悪くなりやすい代表的な場所です。

立位だと大腿骨頭の過度の接触が予測されますので、仰向けに寝て股関節を回します。
ヒップの下にバスタオルをおいて、両脚を天井に伸ばします。(きつい方は片足づつ実施)
膝をゆるめた状態(脚の力を抜く)で両脚を内回りに小さく8回まわします。
外回りも同様にゆっくり回しましょう。呼吸とともに実施してください。
※痛みのない範囲内で動かします。

余裕があれば、股関節周囲筋の筋肉トレーニングも実施していきましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

「CURUCURU」新コラム-【おうちでピラティス★ 3・飛距離UP】-股関節 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/02/28 21:38)

ゴルフサイト「CURUCURU」新コラム-【冬ゴルフの体づくり★お腹編2】 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/01/24 13:15)

ゴルフピラティスWS-ゴルフスイングの基礎 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/01/11 21:46)

CURUCURUコラム掲載-【ダフリを防止★ピラティストレーニング2]】 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/11/21 18:48)

ゴルフピラティスWS 「 疲労をためないゴルフ」 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2014/09/21 21:20)