バックスイング時のカラダの動く順番を覚えましょう - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バックスイング時のカラダの動く順番を覚えましょう

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


先日、ゴルフピラティス的にアドレスを作ってみましょう!という記事で、ゴルフスイング時のアドレスの作り方をご紹介させていただきました。


さらにアドレス時に自然に脇がしまるようにするためのエクササイズ「コブラ」もご紹介させていただきました。


今日は、バックスイング時のカラダの動く順番を身体(筋肉)におぼえさせていくためのゴルフピラティスをご紹介させていただきます。


ツイスト&プル

1.  椅子にあさく座ります。骨盤はニューとラブポジション。背中の後ろにクラブをセットし、両肘を曲げて脇を絞め、腕と背中でクラブを挟みます。

2.  骨盤は安定させておきます。お腹も真正面を向いたまま、鼻から息を吸って口から息を吐きながら背骨を中心に胸→肩→顔の順番で右に上半身(胸椎)をねじります。

3.  息を吸って吐きながら胸→肩→頭の順番で真中まで戻ります。同様に左もねじって元に位置に戻ります。ここまでで1セット。

4.  2セット目は右に胸からねじったら、戻る際に左までねじっていきます。頭から戻らないように注意しましょう。2回行います。

5.  左からも同様に3回行います。

気をつけるポイントは、シークエンス(身体の動く順番)をしっかり身体に覚えさせましょう。

頭や肩から動き始めないように注意。

ゴルフは下から順番に動かしていきます。いつでも下から(胸から)順番にねじっていく。

特に、右にねじるときがバックスイングにつながりますので、イメージしながらねじっていきましょう。

肩から動かす=手からクラブを上げてしまいがち。

胸から動き始めて腕が、クラブが動き始める!!

そうするとクラブを担がずにシャフト面にそってクラブを上げることができます。決してひょいっと手でクラブを上げないように注意しましょう。


コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

このコラムに類似したコラム

グリーン周りのアプローチもリズムが大事!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/19 14:39)

スイング軸がぶれているかどうかチェックしてみましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/06/07 15:38)

ゴルフピラティスワークショップ-「テークバック~トップ」その1 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/04/14 21:37)

ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスその3 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/20 22:36)

ゴルフスイングのリズムとタイミング 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/08/27 16:00)