人件費が相対的に低いケース - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人件費が相対的に低いケース

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

前回からの続き、個人と法人の課税について。

今日は相対的に個人給与が低いケースを考えてみます。


売上:3,000

経費:1,200

給与:1,000

利益:  800


法人利益に対して給与の設定が低めなため法人に利益が残っています。

結果、法人の課税ベースが800で個人の課税ベースが1,000になっています。


繰り返しになりますが、法人税は所得税に比べて


・最初の税率が高め、ただし税率の上昇は少なめ

・基本料が高め


こんな特性があります。

ただし、最近では個人税率が上昇してきている(復興増税等も影響あり)ことから、

最初の税率について個人と法人での差が大分埋まってきました。


なんとなくの理想として法人が課税ベースゼロで全部個人に持ってきたい、

というのがどの企業にもあるように思います。

しかし最近の事情を考えると無理に個人へ課税ベースを移動させることが

有利とは言い難い状況になってきています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

給与への課税は色々とお得 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/12 07:00)

原則は家族へ給与は支払えない 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/09 01:00)

従業員の食事代を会社が負担する場合の限度額は? 近江 清秀 - 税理士(2012/06/18 08:00)

役員報酬の額は自由に設定できるわけではない 高橋 昌也 - 税理士(2012/05/31 01:00)