納税義務をあえて選択する - 消費税 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

納税義務をあえて選択する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 消費税
経営 会計・税務

前回からの続き、消費税について。

納税義務について少し補足をします。


・二年前の売上が1,000万円あるかどうか

・一年前の前期で1,000万円あるかどうか

正確には少し調整が入るのですが、これが納税義務判定の基本です。

(2つ目のものはまだ実稼働していない規定ですが)


ただし例外として自分から納税義務者を選択することもできます。

課税事業者選択届出書というものがあるのです。


本来であれば納税義務を逃れられるならその方が良いに決まっています。

しかし中にはあえて納税義務者となることを選択したほうが良いこともあるのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

資本金と納税義務 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/02 01:00)

消費税の納税義務が一旦リセットされる方法 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/26 07:00)

消費税と法人設立の関係を考えてみる 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/25 07:00)

事業年度と消費税 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/23 01:00)

合同会社がオススメ 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/24 01:00)