適切でない節税 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

適切でない節税

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、寒くて乾いた日が続きますね。

子供の肌が少々荒れていてやや心配。


昨日からの続き、小さな会社と会計について。

現預金が会計指標としてとても有用であること。

そしてどういう理由で現預金が減少しやすいのかを考えています。


よくある現預金を減らす原因の一つが節税策だったりします。

これまでにも当コラムで何度か紹介していますが、節税策の基本は

お金を使って経費を増やして利益を減らす、というものです。

(そうでない節税もありますが基本形はこれが最も多いです)

そして最大のポイントは使った額以上に税金が安くなることはない、

という至極当り前のことです。


節税に励み過ぎてお金を失くす、という本末転倒な話がたまにあります。

ご注意下さい。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

現金残高 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/22 01:00)

社宅にすると個人の税金が安くなる 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/25 07:00)

現金残高の推移は大切な情報 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/24 07:00)

クレジットカード 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/20 07:00)

費用収益対応の原則 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/17 01:00)