現金残高の推移は大切な情報 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現金残高の推移は大切な情報

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は文鳥の日です。
動物は飼ったことがありません(虫くらいですね)。

会計帳簿について書いています。
現金はできれば出納帳をつけたいところです。
なぜ現金出納帳をつけたいのか?

それは現金の残高というのは会計上、もう少し言えば経営判断上とても大切な情報だからです。
例えば、いま会社で使うための小口現金がどれくらい手元にあるか分かっていますか?

・預金からこれくらい引出して
・現金払いのお客さんから定期的に入ってきて
・小払いの経費を支払うのにこれくらい使って
・大体これくらいの金額が残っている

預金でも同じようなサイクルが問題になります。
現金は預金に比べるとその規模は小さいですが、これも大切な情報です。
これを判断するためには、お金の出入りを記録する出納帳が必要なのです。


…が、実際のところは…という話を明日以降。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

私生活面と分けすぎてはダメ 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/10 01:00)

それは「いつ」の経費なのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/24 07:00)

クレジットカード 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/20 07:00)

会計には解釈が含まれる 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/16 07:00)

すごいぞ!!預金通帳 高橋 昌也 - 税理士(2013/10/15 07:00)