法人と個人を分けるバランス - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人と個人を分けるバランス

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、よく降りますね。

上陸の可能性があるとのこと、実際に来ることはまれですが…。

 

昨日からの続き、法人税等と所得税等の負担について。

今日、お話をしたいのは「会社と個人を分けること」の意味合いです。

実はこのお話については、それなりに高度なレベルの

バランス感覚が求められていると思っています。

 

つまり「分ける意識が足りなくてもダメ」だし

「分ける意識が強すぎてもダメ」なのです。

そして、世の社長さんの多くが「どちらかに偏っている」ことが

多い、ということです。

特に現預金、キャッシュに対する意識でその点が顕著になります。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

申告箇所が煩雑 高橋 昌也 - 税理士(2010/12/17 07:03)

やはり流れは個人負担より法人負担か? 高橋 昌也 - 税理士(2010/11/16 08:00)

会社に利益があることをどう考えるか 高橋 昌也 - 税理士(2010/10/27 08:12)

最近よくするアドバイス 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/10 07:00)

税金の基本的な性質 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/26 07:00)