法人税を払う犠牲は過大評価されている? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人税を払う犠牲は過大評価されている?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、本日は午後より顧問先と面談です。

事務所に篭るのではなく、外に出ていくのが好きです、ハイ。

 

昨日からの続き、個人に対する租税公課は結構あることについて。

小さな会社ではよく「法人の利益を最小にする」ために

役員報酬等が実態よりも高く設定されているようなことが

ままあります。

 

しかし、これはあまり有効とは言い難い、ということをよくよく

知っておいて頂く必要があります。

「法人税(地方分含む)を支払う」というと、自分で申告書を作り

納付書を使って納付をしていることから、なんだかものすごく

大きな負担をしているように感じるかもしれません。

しかし、実際には「個人側」に大きすぎる所得を割り振ると

支払う租税公課の総額が増えてしまうことはよくあるのです。

 

ここら辺は自分の体感よりも「客観的な数字」を信じてもらった

方が良いように思っています。

言い換えるなら「正しい体感」を身につけて下さい。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

非営利型法人のメリット 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/03 07:00)

最近よくするアドバイス 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/10 07:00)

最近の傾向について 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/06 07:00)

税務との関係 高橋 昌也 - 税理士(2014/10/11 07:00)

対照的な法人税の減税傾向 高橋 昌也 - 税理士(2014/02/27 07:00)