社長貸付金は危険信号 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社長貸付金は危険信号

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は相模原で演奏会です。

少し久しぶりの本番です。



昨日からの続き、生活費の増大について。

倒産する企業に多く見られる勘定科目についてご紹介。


ずばり、それは「貸付金」です。

「借入金」が多くて潰れる、というのは感覚的によく

分かると思うのですが、なぜ貸付金なのか?


通常、小さな企業における貸付金とは、社長本人に

対する貸付金であることが多いです。

つまり「企業」から「社長」にお金を貸している。


なぜそんなことが起こるのか?

それは「社長が自分で使うお金を会社から借りるから」です。

なぜその必要があるのか?

「社長がもらっている給与以上の生活をしているから」


つまり、生活費が使って良い金額以上に使われている、

ということがここから読み取れるのです。


他にも気になる数字についてご紹介します。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

人生は分割できない・・・のかも 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/15 07:00)

よくある倒産要因 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/14 07:00)

商売と私生活 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/14 07:00)

現金が沢山あるようにみえるというのはどういうことか? 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/06 07:00)

パターンその2 現金が多く社長貸付が沢山 高橋 昌也 - 税理士(2015/11/05 07:00)