商売と私生活 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商売と私生活

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は忠臣蔵の日です。
美談となった過程において、なにがどう削ぎ落とされたか。

商売と私生活の関係について、色々とお話をしてきました。

維持したい私生活の大きさと商売の規模は関係があること。
私生活が無自覚に肥大すると商売を圧迫し、最後には倒産に至ること。
家族の状況が変われば、必然的に商売も変えていかなければならないこと。
法人を作ることのメリットとデメリットについて。
役員報酬をどう考えるか?
法人は道具であり、商売をどう面白くしていくのか?ということ。

これらのお話は、小さな事業を継続し展開させていくためにとても大切なことです。
ぜひ皆様の頭の片隅にでも置いておいて頂けると幸いです・・・。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

「事業承継」の意味を確認(2017/08/23 07:08)

事業承継のこと(2017/08/22 07:08)

武芸の同時性(2017/08/20 07:08)

伝達の精度(2017/08/19 07:08)

このコラムに類似したコラム

最近の傾向について 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/06 07:00)

個人と会社でどう利益を分配するか 高橋 昌也 - 税理士(2014/02/28 07:00)

人生は分割できない・・・のかも 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/15 07:00)

よくある倒産要因 高橋 昌也 - 税理士(2016/09/14 07:00)

事業展開を考えて法人を作る 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/13 07:00)