「英国 法人税15%へ!?」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「英国 法人税15%へ!?」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
資産運用

こんにちは!

さて、国民投票で、大方の予想を覆し、「EU離脱」となった英国で、

今度は、大胆な税の引き下げが示されました。

 

英国のオズボーン財務相が、現在20%の法人税率を、

15%以下に引き下げる可能性を示唆したのです。

 

EU離脱が決まったことで、

欧州向けの輸出に関税がかかることなどから、

企業が国外へ流出するのを防ぐ狙いがあるようです。

 

ただ英国は、すでに今年3月の時点で、

2020年までに法人税を17%に引き下げると発表していました。

それが、今回の離脱決定を受けて、政府内において、

さらに危機感が増したものと思われます。

 

次期政権下で、オズボーン氏が再任されるかどうかはわからないため、

決定ではないようですが、引き下げが実施されれば、

英国は、欧州で最低水準の法人税になります。

 

日本の現在の税制からすると、

まさに今話題の「タックスヘイブン」の仲間入りです。

 

世界の企業がグローバル化する中、

各国の法人税の引き下げ合戦は、

今後ますます加速することは、間違いなさそうです。

 

それでは、今週末も、穏やかな日々をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「資産運用」のコラム

このコラムに類似したコラム

イギリス国民投票をきっかけに学ぶEUの歴史 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/06/30 16:35)

EU離脱は、日本のようになるということか? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2017/05/01 00:53)

「法人税 過去最大57兆2354億円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/04/14 12:00)

初心者向け?「自動ブレーキ付」投信、コストを見極めて! 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2016/12/17 13:58)

トランプショックとお金 ~儲ける時も現金は大事~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/30 18:05)