権利はバランスをとって構築されている - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

権利はバランスをとって構築されている

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は公衆電話の日です。
みつけるのが難しくなってきました。

遺言書についてお話をしています。
遺留分という権利について簡単に説明をしました。

遺言書と遺留分の関係について、改めて俯瞰的に眺めると

・基本的には死亡した本人の遺志を再優先する。
遺言書の効力は遺産分配において優先度が高い。

・ただし、あまりにも死亡者本人の遺志ばかり優先だと困ることもある。
遺産の分配がないと困る親族などにも配慮が必要だろう。

・そこで普通に考えると取り分のある親族には遺留分が認められる。
法律的に妥当と思われる取り分の内、半分までは主張しても良い。

このようなバランス関係にあることがわかります。

ここで少し雑談を。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

遺留分には限界がある 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/14 07:00)

相続税の方でちょっとした特例もある 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/09 07:00)

遺留分→まぁこれくらいはもらっても良いんじゃない? 高橋 昌也 - 税理士(2014/11/08 07:00)

そもそも遺産分配の対象になっていない人達 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/13 07:00)

あなたに取り分はありません 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/12 07:00)