相続税の方でちょっとした特例もある - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税の方でちょっとした特例もある

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は換気の日です。
部屋にこもって歌の練習をしていると、どんどん空気が…。

相続について民法等の観点からお話をしています。
遺言書と遺留分についてお話をしました。

遺言書の効果により、友人や世話人に遺産を渡すことも可能です。
それに対して、親族が遺留分という権利を有していることも紹介しました。

友人等が遺産をもらうことについては、相続税の方でも特例があります。
簡単にいうと、通常もらうであろう親族(配偶者や子供)がもらった場合に比べると、税金が高く課税されるようになっているのです。

まぁその友人からすれば、通常はもらうことのないであろう遺産をもらったわけです。
なので、その分税金は高く払ってね、という理屈です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

権利はバランスをとって構築されている 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/11 07:00)

背景その1:相続税の増税 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/26 07:00)

遺留分には限界がある 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/14 07:00)

遺留分(いりゅうぶん)という考え方 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/09 07:00)

なんでも好きな様に残せる!というわけでもない 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/08 07:00)