遺産分割の手順 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

遺産分割の手順

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は杭の日です。
基礎の作り込み、何においても大切です。

遺言書についてお話をしています。
昨日まで、どうしてここにきて遺言書の有用性が高まっているのか確認をしました。

遺産の分割について少しだけ触れてみます。
誰かが亡くなり、その人の遺した財産を親族なりが取り分に応じてもらう。
ここで問題となるのはその取り分を決める方法です。

細かなことを抜きにすると、取り分は以下の様な優先順位で決まっていきます。

1.遺言書(死者の生前における意志を尊重した分け方)
2.遺産分割協議(遺族側が話し合って取り分を決める)
3.裁判所なりの力を借りる(分割協議が決裂したので、第三者に決めてもらう)

今回のテーマとしている遺言書は、遺産の分配方法を決める手段としてはもっとも優先順位の高い方法です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

呼吸(2016/12/02 07:12)

このコラムに類似したコラム

遺留分には限界がある 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/14 07:00)

遺言書の役割は交通整理 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/05 07:00)

遺言書でないと難しいこと 高橋 昌也 - 税理士(2015/09/02 07:00)

遺産の内容も問題となる 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/30 07:00)

税金がなくてもトラブルは起こる! 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/29 07:00)