見積もりという要素 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

見積もりという要素

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は桜島の日です。
最近は火山に関する話題が増えましたね。

会計の期間についてお話をしています。
引当金は費用を前倒しで計上するために存在しています。

ここで注目をして頂きたい点が一つあります。
それは引当金という項目が「未来予知」を前提としていることです。

細かな説明は省きますが、計上された引当金は借金などと同様に会社の負債として計上されていきます。
しかし借金が誰かに返済することが確定しているのに対し、引当金は

・多分支払うことになるんじゃないかなぁ…

という見積りを前提として計算されていることがとても大切なのです。
つまり何が言いたいかというと

・会計というのは唯一絶対の正解があるものではない

ということです。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

なぜ利益が重要な数字なのか確認する 高橋 昌也 - 税理士(2013/08/14 07:00)

費用収益対応の原則 高橋 昌也 - 税理士(2012/02/17 01:00)

原価率がおかしい 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/30 01:00)

現金残高は難しい 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/29 01:00)

総資本回転率 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/06 01:00)