現金残高は難しい - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現金残高は難しい

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、ただいま膝の上で子供が寝ています。

天然カイロのようで大変に暖かいです。


昨日からの続き、小さな会社と会計について。

会計の粉飾は現預金残高に痕跡を残しやすい、という話を紹介中。

今日は現金残高について。


預金残高が誰の目から見ても明らかであるのに対して、

現金残高というのは実は中々にわかりづらいものです。

例えば現金出納帳をみると残高10万円と書いてある。

しかし本当に10万円の残高なのかは財布や金庫の中を実査して

みないことには分かりません。

例えば売上を隠しておいてそれを現金で回収してしまうと、

その流れを追うのは預金に比べて難しいのですね。


余談ですが、これは相続税のような資産税でも同様です。

手元に現金が多額にあるような場合、それをしっかりと資産計上して

いるかどうかは中々に把握しづらいものです。


現金の場合は


・費用と収益の対応関係

・残高の推移


この辺りが粉飾を見抜くポイントになってくるかと思われます。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

見積もりという要素 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/12 07:00)

資産とは何か?という根源的な質問 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/08 07:00)

費用を繰り延べるという発想 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/06 07:00)

請求書で売上を計上し、通帳で入金を確認 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/05 07:00)

経営者はどのように帳簿を使うのか 高橋 昌也 - 税理士(2013/09/12 07:00)