相続税増税は銀行にとっても商機 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税増税は銀行にとっても商機

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は専売特許の日です。
字義通りの使われ方はあまりしていない言葉ですね。

相続税改正に絡む諸々についてお話をしています。
なぜ不動産屋さんが相続税改正でセミナーを盛んにやるのか?

ここまでの話を簡単にまとめると

・相続税の計算上、不動産は少し評価が低めになる
・人に貸していたりすると更に低くなる
・そこに借金までついてくると更に更に相続税がお安く

こんな流れになります。
最後のところをみるとわかりますが、これは銀行をはじめとした金融機関にとっても旨味のあるお話です。
不動産の建築資金は当行で融資できますよ…となるわけですね。

相続税と不動産の親和性が非常に高いことは感じて頂けたでしょうか?
金融機関つながりで、保険についても少しだけ触れてみます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

借金をしまくるのは、確かに一理ある 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/13 07:00)

正解がない理由:会計とか経営的な回答 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/10 07:00)

わからないものは審査できない 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/03 07:00)

再度、金融機関の規模について 高橋 昌也 - 税理士(2016/06/27 07:00)

普通の借入と高利の借入 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/22 07:00)