借金をしまくるのは、確かに一理ある - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借金をしまくるのは、確かに一理ある

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日はもつ焼きの日です。

20年くらいまえですかね?モツ鍋が流行ったのは・・・

 

零細事業と金融機関の関係についてお話をしています。

通説として「借金をしまくれ!」という考え方があることについて紹介をしました。

 

この案ですが、確かに一理はあります。

低コスト(低い利率)でお金を調達できるのだから、借金をしないのはもったいない!というのはまったく齟齬がありません。

極論をいえば「いますぐに使う当てがないとしても、とりあえずは借りておけ!」くらいの考え方であっても、ある程度は納得できるかもしれません。

 

手元に大きな金額を持っている状態であれば、色々と融通がきくのも事実です。

少し業績が悪くなるようなことがあっても、手元資金さえあれば潰れないというのもよく言われることです。

 

いずれは返さなければならない、ということは大前提なのですが・・・

「手元に沢山お金をもっておきたい」という人間の素直な欲望(安心感)からすれば、それほどおかしな案ではないよな~と思います。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

武芸の同時性(2017/08/20 07:08)

伝達の精度(2017/08/19 07:08)

このコラムに類似したコラム

無駄のない経営 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/15 07:00)

社長さんの好み次第! 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/17 07:00)

個人的な感想として:借金、大嫌い!! 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/14 07:00)

正解がない理由:会計とか経営的な回答 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/10 07:00)

手元にいくらのお金があれば大丈夫?という質問 高橋 昌也 - 税理士(2016/07/09 07:00)