相続税評価額の大まかな傾向 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相続税評価額の大まかな傾向

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、今日は鼻の日です。
風邪も引いていないのに鼻水が続くのは、アレルギーですかねぇ…。

相続税の諸々についてお話しています。
相続税評価額の傾向について簡単に。

相続税というのは、簡単にいえば亡くなった方の持ち物に応じて税金を課する仕組みです。
持ち物が高ければ税金も高くなります。

問題は持ち物の値段です。
例えば現金1,000万円は、誰がみても1,000万円です。

ところが、例えば土地や建物に関してはどうでしょうか?
「この土地は◯◯円です!!」と断言することは中々難しいです。
そこで評価というものをするのですが…

相続税評価ですが、大体は低めに計算されるようになっています。
例えば実際の市場価格が5,000万円の土地だとしたら、4,000万円だとかそれ以上に安く評価されるようになっています。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

手元のお金を減らすということ 高橋 昌也 - 税理士(2014/08/20 07:00)

建築資金を借金で賄うと起こること 高橋 昌也 - 税理士(2014/08/13 07:00)

殆どの人に関係無かった相続税 高橋 昌也 - 税理士(2014/08/06 07:00)

地方都市でこそ問題になりそう 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/31 07:00)

背景その1:相続税の増税 高橋 昌也 - 税理士(2015/08/26 07:00)