200万円という一つの目安 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

200万円という一つの目安

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は花火の日です。
今年は家族で見に行けますかねぇ…。

配偶者控除の改正報道について取り上げています。
昨日、世帯主の具体的な数字を想定してみました。

妻が働き出した場合、俗に言われる2つの数字が壁となります。

・103万円の壁
所得税(住民税も似たようなもの)の配偶者控除

・130万円の壁
社会保険の3号被保険者

これらの数字を突破して、細かなことを考えなくても世帯収入が増える一つの目安として

・妻の給与総額が200万円くらいまで行くか否か?

という数字を挙げています。
この数字の根拠についてざっくりと説明します。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

税務の配偶者控除とは別のお話として 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/16 07:00)

個人への租税公課 高橋 昌也 - 税理士(2015/12/07 07:00)

改めて自分との関わりを意識する 高橋 昌也 - 税理士(2014/06/09 07:00)

女性の就労機会や単価が少ない 高橋 昌也 - 税理士(2014/06/01 07:00)

どれだけ働くと世帯単位の収入が増えるのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/27 07:00)