どれだけ働くと世帯単位の収入が増えるのか? - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

どれだけ働くと世帯単位の収入が増えるのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日は百人一首の日です。
競技かるた含め、昔よりメジャーになりましたね。

配偶者控除の改正報道とその対策についてお話をしています。
現状把握した上で、収入を増やすか支出を減らすかしなければなりません。

ここで、まず現在の税制および社会保険制度の下におけるお話を確認しています。
実際、幾らぐらい配偶者の収入があれば、世帯単位での収入が増えるのでしょうか?

このお話を進めるには、まず世帯主の収入状況がわからないとお話が進められません。
ここで、このような世帯を想定してみます。

・年齢は40歳の男性
・社会保険に加入している企業に15年勤務
・給与は総額で500万円
・家族構成は妻、そして子どもが2人
・妻は働いていない
・現在負担している所得税と住民税の合計は30万円くらい
・社会保険料を個人で年間65万円ほど支払っている
・妻は年金について3号被保険者に該当している

ここから配偶者控除がなくなった場合の影響を考えてみます。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

税務の配偶者控除とは別のお話として 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/16 07:00)

200万円という一つの目安 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/28 07:00)

併せて約一月分の負担増 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/22 07:00)

税務における配偶者控除について 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/20 07:00)

平成23年分の源泉徴収事務改正点 飯田 幸洋 - 税理士(2011/01/17 13:46)