200万円もあれば、細かなことは大体超えている - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

200万円もあれば、細かなことは大体超えている

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務
おはようございます、今日はこんにゃくの日です。
こんにゃく刺し、酢味噌とかだと美味しいですねぇ…。

配偶者控除の改正報道について取り上げています。
まず現行制度の下で配偶者がどれくらい働くと良いのかについて考えています。

200万円という数字ですが、これは

・世帯主が配偶者控除を使えなくなることによって増える税金負担
・配偶者が働き出すことによって年金3号被保険者に該当しなくなることによる負担増

配偶者の収入が150万円程度の場合、これらの負担増が大きく影響して結局手取りが減って…なんてことが起こりえました。
これが200万円もいけば、大体これらの要素を乗り越えて、手元にお金が残るようになるのかなぁ…と。

要するに、選択肢としては

・配偶者の年収はあくまで100万円程度に納めておく
・もっと働くなら、いっそ200万円を目指す

のどちらかが良いと思います、というお話です。

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

何にお金を使うのか、自覚的に 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/26 07:00)

負担増に対する対応策は? 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/23 07:00)

そもそもなぜ控除するのか? 高橋 昌也 - 税理士(2014/05/07 07:00)

上乗せ年金について 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/12 07:00)

年金と税金 高橋 昌也 - 税理士(2015/05/11 07:00)