原因不明の痛みや体の不具合を、第三者にうまく伝える方法は? - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

原因不明の痛みや体の不具合を、第三者にうまく伝える方法は?

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

みなさま、こんばんは。

暑い日が続いておりますが、お元気ですか?

 

本日、レッスン終了後に生徒さんから質問がありました。

ご家族の方が、朝突然歩けなくなったということでした。

お医者さんにいっても原因が不明だったということです。

原因不明の痛みや不具合は、その方にとって、まったくはじめてのことですから、

人にその状態を伝えることは非常に難しいことです。

 

いまは歩けるようになったそうですが、

仕事が忙しくて、まったく運動はしていない方でした。

 

49,195キロを走りぬく人もいれば、

運動をまったくしない方もいます。

世界レベルの走りを求められる場合は、

故障のリスクは非常に高く、人一倍精神的に強くなければいけないでしょう。

運動をまったくしない人は、

生活習慣病のリスクが高まります。

ストレスを解消する術も少なくなってしまう可能性は高いでしょう。

いわゆる心身症といわれるものは、

学校にいきたくないとお腹が痛くなったり、

心の状態が体に反映されるものだと聞いています。

そういった話ではなさそうです。

 

オリンピック選手のように、あんなにがんばる必要はありませんが、

やはり、軽い運動を行って、

自分の体に敏感になることが必要だと思います。

ぎゅっと縮こまった感じであるとか、伸びたときの気持ちよさとか、

有酸素運動をしたときの爽快さを感じてください。

 

自分自身で説明できるくらいの健やかな体でいることは、

たぶん、あなた自身の身を助けてくれるでしょう。

 

痛みや不具合の伝え方も変わってくるかもしれません。

あなたも今日から、体のメンテナンスをはじめませんか?

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

なぜ今、ヨガとランニングなのでしょう? ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/01/05 07:00)

トイレで運動?トイレで読書? 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2012/10/24 09:35)

強靭な脳は強靭な足が宿る◎“無敗脳”ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/10/07 23:51)

老化について考えよう! 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2011/09/13 18:07)

東日本大震災・メンタルヘルスを考える 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2011/05/05 09:49)