東日本大震災・メンタルヘルスを考える - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東日本大震災・メンタルヘルスを考える

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
チェアロビクス

みなさな、いかがお過ごしですか?

これまで経験したことのない大震災によって

メンタルヘルスを保つ工夫が求められています。

 

大震災後は、外傷後ストレス障害に気をつけてください。

この障害は一定の潜伏期間を経て、症状があらわれてきます。

そろそろ注意しなけれないけません。

私たちが急にストレスを受けると、

不安、激怒、絶望、ひきこもりなどの症状があらわれます。

これは自然な精神状態の変化ですが、

時間が経過してもずっと不安な状態が続いたり、

眠れない状態が続いたら要注意です。

誰かにいまの気持をじっくり聞いてもらいましょう。

 

今回はものすごい大きな震災で、

なおかつ、ストレスを受け続けなければならない状況です。

逃げるわけにはいかない状況だとしても、

どうか、ストレスから逃げる工夫をしてください。

 

ちょっとした配置換えや有酸素運動も効果的です。

ひとりになる時間をつくったり、

自律神経を整える運動をしてみたり…。

いまの環境下で、

ストレスを回避する方法をあれこれ工夫することで、

あなたのメンタルヘルスが保たれます。

 

避難所でもできるチェアロビクスをご紹介中!

http://www.chairobics.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

原因不明の痛みや体の不具合を、第三者にうまく伝える方法は? 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2013/08/10 20:20)

会社でヨガ、リラックスできますか? ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/01/14 07:00)

なぜ今、ヨガとランニングなのでしょう? ◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/01/05 07:00)

戦国武将のメンタルヘルス◎無敗脳ヨガ道場◎ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2012/11/19 22:56)