住宅ローン破産の急増 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン破産の急増

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
ローン 住宅ローン
3月末でモラトリアム法(中小企業金融円滑化法)が期限切れとなりましたね。各種報道を見ていると、年内だけでもローン破産する家庭が約10万世帯に達する可能性があるそうです。

元々、モラトリアム法ではリストラや会社の倒産などで住宅ローンの支払いが滞っていた人達も返済猶予等の優遇を受けてました。しかし、この法案が失効した直後の4月、「配当要求終期公告」で自宅を裁判所に差し押さえられた人は、東京23区だけでも約200件。前年同月比で1割ほどの増加した様です。今後も自宅を手放したくないと必死で持ち堪えようと頑張る家庭も多いでしょうが、いずれは根本的な問題を解決しない限りパンクしてしまう可能性が高いといえます。

具体的には、モラトリアム法で返済猶予を受けていた住宅ローン債務者は、昨年9月時点で延べ23万件、支払猶予額は3兆6000億円もあるそうです。又、2009年に年間6万2000件ほどだった競売件数は、この法律の施行によって年間で約1万6000件も減りました。簡単に言えば3年間で約5万世帯が自宅の差し押さえを逃れた事になりますね。この逃れていた件数が今後、何年間で一気に競売市場に流れ込む可能性は否定できません。

近い将来、ローン金利は上がる可能性が高いといえます。販売業者は売れば仕舞い、銀行は変動で貸せば金利のリスクを負わなくても良いので安心と自分達の利益を最優先に、詳しい金利の仕組みも説明されないまま安いからと変動に誘導されてローンを組んでいる家庭が多いのではないでしょうか?

大切なご自身の財産です。今現在、ローンを組まれている方は今後の対策をしっかりと検討し対応すべきでしょうし、これから自宅を購入される方は業者や銀行に言われるままにローンを組むのでは無く利害関係の無い第三者に、しっかりと相談した上で、ご自身に会ったローンを申し込むべきです。もっと言えば自宅の購入自体も、消費税が上がるからとか、金利が安いから買いやすいみたいな数字のマジックに惑わされずに決断すべきだと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ローン」のコラム

住宅ローン金利の引き下げ(2013/08/31 12:08)

フラット35のご相談(2013/06/02 12:06)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ローン借り換え相談

金利が高く借り換えを検討されてる方にアドバイス

料金
3,000円

金利が高い!他の銀行から借り換えを勧められている!そんな方は一度ご相談ください。

住宅ローン借り換え相談

このコラムに類似したコラム

住宅ローン金利の引き下げ 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/31 12:56)

住宅ローンの金利は今後どうなるの? 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/24 11:10)

住宅ローンで成功する人・失敗する人 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/25 10:20)

「変動金利VS固定金利」どっちの方がメリットあるの? 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/13 12:46)

消費増税による住宅購入「駆け込み」よりも「買い控え」? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/24 09:30)