住宅ローン減税と消費税率の引き上げ - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン減税と消費税率の引き上げ

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般
ローン 住宅ローン

昨日より消費税率が8%へ引き上げられました。

それと併せて負担を軽減する意味で住宅ローン減税を拡充が図られました。

そもそも、住宅ローン減税とは返済期間10年以上の住宅購入資金を銀行等の金融機関等から借入れて、住宅を取得等した場合、その住宅ローン等の年末借入残高の合計額等を基に計算した金額を、居住した年分以後の所得税から控除する仕組みです。皆さんの中にも利用されている方は多いのでは無いでしょうか。

今回の拡充措置は、平成26年4月1日から平成29年12月31日までの間、住宅取得等の用に供した費用の額に含まれる消費税等の税率が8%または10%の場合には、住宅ローン減税の控除額を引き上げるというものです。

併せて認定住宅についても、各年の控除限度額は50万円で最大控除額が500万円に、東日本大震災の被災者の方については、各年の控除限度額は60万円で最大控除額は600万円に引き上げられています。

また、控除額をその年の所得税額から控除しきれない場合には、控除不足分を翌年の個人住民税から控除できますが、この制度についても、平成26 年4月~平成29 年12 月の居住については、控除限度額が、所得税の課税総所得金額等×5%(上限9.75万円)から、所得税の課税総所得金額等×7%(上限13.65 万円)に拡充されています。

今後、益々、消費税の増税や社会保険料負担など国民の負担は増える一方です。しっかりと、自分が使える制度は何かなど確認をし賢く節税をして下さいね。今の日本の税制は勝手に取る代わりに自分から言わない限り節税してくれない冷たい制度ですからね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ローン」のコラム

住宅ローン金利の引き下げ(2013/08/31 12:08)

フラット35のご相談(2013/06/02 12:06)

住宅ローン金利の上昇(2013/05/15 13:05)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ローン借り換え相談

金利が高く借り換えを検討されてる方にアドバイス

料金
3,000円

金利が高い!他の銀行から借り換えを勧められている!そんな方は一度ご相談ください。

住宅ローン借り換え相談

「住宅ローン」に関するまとめ

  • 住宅を購入する際に多くの人が利用する住宅ローン。不明点が多い住宅ローンを専門家が解説します。

    「どんな住宅ローンを選べば良いのか?」「フラット35の審査に落ちてしまった」「住宅ローンを夫婦で返済していたが離婚する」「転職した場合に住宅ローンはどうなるの?」「最近の住宅ローンの金利の動向はどんな感じ?」「繰り上げ返済はやった方が良いのかな?」など、住宅という大きな買い物をするために住宅ローンをお考えの方はお悩みや疑問、不安を持っていると思います。 そんな住宅ローンに関する疑問や不安を解決するために、参考となる専門家発信の住宅ローンに関する情報をまとめました。

このコラムに類似したコラム

住宅ローン減税今後どうなる <続編> 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/08 17:14)

住宅ローン減税は今後どうなる? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/28 15:00)

平成27年(2015年)の住宅ローン金利動向(前編) 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/22 12:00)

平成26年(2014年)の住宅ローン金利動向(後編) 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/12/26 07:00)

平成26年(2014年)の住宅ローン金利動向(前編) 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2013/12/23 07:00)