住宅ローンで成功する人・失敗する人 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

久保田 正広
株式会社 FPバンク 代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンで成功する人・失敗する人

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び

住宅ローン選びのポイントは?

住宅ローンをお得に借りたいという気持ちは誰にでもあると思います。では、ここで質問です。あなたにとって住宅ローンで成功するとはどんな状態をさしますか?ローンのコストを抑えるポイントは何でしょうか?

ローンのコストである利息の支払総額は借入額×金利×借入期間で決まります。金利だけ低くする努力をしても利息はこの掛け算で決まってくるのですから、借入額や借入期間に目を向けなければコスト削減における絶大な効果は得られません。

ところがこの借入額、借入期間を劇的に減らすと何が起こるか?答えは資金ショートつまり資金繰りがおかしくなって支払いができなくなるということです。住宅ローンというと3000万円とか巨額の債務を背負い込むのですが、月々の返済が家賃並みなど安易な気持ちでローンを組むと痛い目に合います。私は銀行員時代にそうやって何気なくローンを組んだ方がある日突然返済不能に陥り、家を手放すのをたくさん見てきました。しかも驚くべきことにそういった方々が必ずしも会社の倒産とか大病になった方ばかりではないということです。収入もお勤め先も特に遜色ないごく普通の方で、決して高額過ぎる物件を買った訳でもない。ではなぜ普通に見える家族が突然そんな悲劇に見舞われてしまうのでしょうか?

銀行は将来のライフプランまで考慮してローンの審査をしている訳ではありません。

 しかし、住宅ローンを選ぶ際の判断基準として金利しか見ないケースが多いので注意が必要です。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

住宅ローン返済方法2タイプ、どちらがお得 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/09 10:00)

住宅ローン金利の3タイプ のメリット・デメリット 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/08 10:00)

借り換え用住宅ローン選びで重要な3つのポイント 久保田 正広 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/14 18:04)

住宅ローンの返済期間の考え方 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/14 06:00)

退職金での住宅ローンの一括返済はやめなさい! 田端 政弘 - ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー(2013/07/12 16:26)