法人と個人で利益が分散されると節税しやすい - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人と個人で利益が分散されると節税しやすい

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、2並びの一日です。

ニャンニャンニャンで猫の日なんだとか。

 

法人設立の有利不利について考えています。

法人にした場合にどのような課税がされるのかを確認しました。

 

ここで青色申告の時にも繰り返し紹介した節税の基本が活きてきます。

課税源を分散すると節税しやすい、というルールです。

 

 

個人事業の場合、個人にすべての所得が集中することになります。

青色事業専従者給与は、集中した所得を分散するために有効だと紹介しました。

 

 

法人の場合、この効果が更に発揮されることになります。

所得が法人と個人でも分散することができるからです。

利益のいくらかを法人に残し、あとは人件費として個人に支払う。

これだけでも相当な節税効果が期待出来ます。

 

 

ただし注意点があります。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

法人にした場合の有利不利について 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/19 07:00)

創業時に青色を申請すべき理由 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/14 07:00)

無制限に支払えるわけではない 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/24 01:00)

ボチボチの規模だと法人の方が有利かな? 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/06 01:00)

家族への給与支払いに制限がある 高橋 昌也 - 税理士(2012/06/05 01:00)