法人にした場合の有利不利について - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人にした場合の有利不利について

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、法人決算が既に一段落しました。

これで心置きなく個人側の確定申告へ移行出来ます。

 

 

昨日まで青色申告のメリットについて確認をしていました。

特に個人事業における青色申告を中心に取り上げて来ました。

 

 

この話題に続いて、今度は法人設立について取り上げてみたいと思います。

法人を作るとどのような効果が期待できるのか。

法人にすることでどんなデメリットが生じるのか。

この辺りを総括的に取り上げて行きたいと思います。

 

 

特にこの時期になると、個人事業主の方々は昨年一年間の業績を知ることになります。

その結果、事業規模がボチボチになってきているような場合には法人成りによって効率的な経営、節税が図れる可能性があります。

 

もちろん、法人成り=良いもの、ではありません。

デメリットも把握しつつ、平常心で判断できるようになりたいものです。

 

 

それでは、まず税務とは関係のない話から始めてみたいと思います。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

ものは使いようです(2016/12/11 07:12)

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

このコラムに類似したコラム

法人と個人で利益が分散されると節税しやすい 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/22 07:00)

創業時に青色を申請すべき理由 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/14 07:00)

今さら聞けない「個人事業主の帳簿」~領収書はあるけど・・・。 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2012/01/12 18:39)

弥生会計で消費税~はじめに 宮原 裕一 - 税理士(2010/06/03 23:37)

独立採算、税制優遇 高橋 昌也 - 税理士(2013/04/08 07:00)