帳面がなければ証明できない - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

帳面がなければ証明できない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

おはようございます、本来なら今日が確定申告開始の日です。

今年は税理士的にはあまりよいカレンダーではないですね…。

 

青色申告の効果について紹介しています。

白色申告だから帳面が適当で良い、というウソについての続きです。

具体的な例を挙げてご紹介します。

 

それまでご自分で白色申告をしていた方から突然ご連絡を頂きました。

 

税務調査が入るので対処をして欲しいとのこと。

これまでの申告内容について、会計上の数字について証明できる資料は何もない。

白色だから帳面は不要だと聞いていた。

 

しかし、当然ながら実際に調査が入れば帳面の提示は求められます。

なぜなら

 

「どうやってこの申告書を作ったのですか?」

 

ということは、税務署からすれば当然に提示してもらわなければならない情報だからです。

日本の税制は申告納税制度を採用しています。

つまり申告の内容は基本的に納税者本人が保証しなければならないのです。

 

これは青色だから、白色だからという問題ではありません。

納税者として自分の申告内容を説明できるようになっておくのは、必要最低限の義務です。

 

 

青でも白でもどちらにせよ申告内容を証明できなければならないのです。

ならば青色にして特典を受けながら資料を作るほうが合理的ではないでしょうか?

 

明日は上記のような税務調査において私がどのように対処したかについて。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

このコラムに類似したコラム

税務調査での効果的なやり取り 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/17 07:00)

青色申告のまとめ 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/18 07:00)

青色申告での損失の取り扱い 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/13 07:00)

税務セミナー目白押し 平 仁 - 税理士(2012/04/18 21:49)

税務調査とOB税理士の奇妙な関係(前) 菅原 茂夫 - 税理士(2011/11/18 23:59)