貴方は、年明け営業初日の一発目は何をしますか。 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

貴方は、年明け営業初日の一発目は何をしますか。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

あけましておめでとうございます。


年明け営業初日、まず最初に電話、訪問するところは決まっていますか。


そして、その目的は「年始の挨拶」だけですか。


年始の挨拶だけなら、余程の大切なお客様(挨拶の早さで売り上げが決まるほどのお客様?)でもない限り、止めておいたほうが賢明です。


年始は、当然、相手も忙しいはずです。


昨年、やり残した課題に、段取りをつけたいはずです。


それとも、お客様も貴方との面談が最優先の懸案になっているなら、それに越したことはありませんが。


貴方も、挨拶より、まず、昨年までに完結できていない仕事に取り掛からなければならないのではありませんか。


全てのお客様の中で、やり残していることはありませんか。


提案し忘れ、再提案先、商談中、納期確認、昨年末からの継続案件、納入先フォロー、などなど。


それをやらず、年始の挨拶って、どんな効果があるのでしょうか。


前回のブログで述べたとおり、世の中、お屠蘇気分が抜けるのを待っていたら、1月の半分が過ぎてしまいますよ。


あ~ぁ、もったいない!




営業活動の平準化、指数化についてのご相談は、お気軽に弊社までどうぞ。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

マクドナルドの苦戦 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/03/01 09:33)

iPhoneの売り上げが減速をどう考えるか。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/01/17 17:45)

利益率は、お客様との関係性と比例する。 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/12/24 19:16)

Googleのメガネ型端末 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/06/29 05:07)

客先リストと所在マップ 下村 豊 - 経営コンサルタント(2012/06/09 09:32)