東京都稲城市の任意売却 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東京都稲城市の任意売却

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

東京都稲城市の任意売却の取引が

横浜銀行新百合ケ丘でありました。


この東京都稲城市の方は、
まだ30歳代とお若く、
住宅購入も3年前です。


任意売却推進センターに相談する前に
大手不動産仲介専門会社へ
残債務額以上で売却依頼をしていましたが、
相場よりも2割ほど高かったため
売却できませんでした。


その売却期間中にリストラにあいそうだと
任意売却推進センターへ何回も相談が
ありました。

大手不動産仲介専門会社へ売却依頼をしてから
1年後にリストラにあい、
結局、この東京都稲城市の方は
手持ち資金も底をついてしまい、
大手不動産仲介専門会社を断って
任意売却推進センターへの依頼となりました。


この売却期間中の
一年間は支払いが無駄となったわけです。
毎月の返済14万円×12ヶ月=168万円
固定資産税、都市計画税12万円
管理費、修繕積立金毎月3万円×12ヶ月=36万円
の合計216万円が消えてしまいました。
このような相談は多いのです。

では?なぜこのようになるのか?
一番の原因は、住宅ローン破綻したら、

?自己破産しなければならない
?給与が差押になる
?隣近所や勤務先に知れ渡る
?怖い人が取立てに来る

など有り得ないことに恐怖を感じるからでしょう。
そして、
支払わないという選択もあるのに
「無理をしてでも支払う」
のです。

「無理をしてでも支払う」
ということが前提ですから、
この東京都稲城市の方のように
預金も財産も全て使い果たしてから
の相談になるのです。

住宅ローン破綻しそうになったら
無理を重ねる前に、
「支払わない」
という選択もあるということを
考えてみたらいかがでしょうか。

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

予定していた大学の奨学金が 急きょ中止となり、 より緊迫した… 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/14 13:58)

個人民事再生により、住宅を残す。 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/05/27 08:08)

千葉県佐倉市の任意売却 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/16 06:50)

風邪をひいたのに眼科へ? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/03 11:44)