ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスその2 - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)

閲覧数順 2020年06月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスその2

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

先日ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティスとして「腹横筋」をつかった呼吸方法をご紹介させていただきました。

 

今日はさらにその「腹横筋」を使うアブリフトをご紹介させていただきます。

1.  四つん這いになり骨盤はニュートラルポジション、腰が反らないようにしっかりお腹を引き上げておきます。

2.  鼻から息を吸って、口から息を吐きながらお腹(腹横筋)を背中の方に引き上げます(お腹をへこませます)。

3.  息を吸って頭からお尻まで引き伸ばし、背骨を一直線になるように意識します。腰はニュートラルポジションをキープ。

4.  10回行います。

5.  さらにアドレスの姿勢で、同じようにお腹を背中の方に引き込んでいきます(へこませます)。

6.  より一層実際にクラブを振るイメージでしっかりお腹をへこませていきましょう。このへこませたお腹をしっかり最後までキープ、緩ませないように!!

 

このアブリフトを行った後、実際にクラブを振ってボールを打つと、お腹に力がしっかり入っているのが感じられると思います。

是非、練習前、ラウンド前に1回でも2回でもよいのでお腹を意識してみましょう。

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

このコラムに類似したコラム

ゴルフスイングはリズムが大切! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/17 16:39)

「Golf Pilates & Virtual Golf Lesson」-バランス良いフィニッシュの為のゴルフピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/03/26 23:02)

ゴルフスイング時にお腹が緩まないためのゴルフピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/11/14 00:19)

ピラティス呼吸はゴルフスイングのリズムに最適! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/10/15 17:13)

ゴルファーはお尻が大切!中殿筋を鍛えましょう!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/06/09 18:29)