眼を疲れにくくするためのコツ1 - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

有限会社 木村爽健 代表
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)

閲覧数順 2017年02月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

眼を疲れにくくするためのコツ1

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般

 私たちは、テレビやパソコン、携帯のモニター画面を見ない日はほとんどないでしょう。
最近は。携帯電話もスマートフォンが増えたので、電車などで移動中もモニターを見る機会が増えています。

そこで、気になってくるのがモニターを見るときの姿勢です。
電車で携帯などを見ている人は、たいてい頭を前にせり出した猫背になっています。

猫背は、別名で「うつ体型」といわれるくらい、体によくない姿勢です。
この姿勢は、体の血流の流れを悪くし、冷え性や肩こり、首コリ、不眠症などを引き起こしやすくなります。

ですから、猫背にならないようにしたほうが良いのですが、一生懸命にモニターを見ようとすると
自然と猫背になってしまいます。

では、どうすれば猫背になりにくくなるか?

一番ポイントなのは、眼の意識です。

私たちの眼は、見ようと思わなくても、眼を開けている限り、勝手に視覚情報が入ってきます。
ですから、無理に見ようと意識する必要はないのです。

「見ようとするのではなく、受け止めて見る。」
そういう意識になると、猫背にはなりにくくなります。

眼の意識を変えるだけで姿勢は変わります。そして、眼の疲れ方も変わります。

例えば、下記の姿勢は眼の意識をしない状態です。
体全体が、少し前に傾いています。


次に。眼とあごの意識を変えてもらうと、下記のようになります。
腰や背中の位置が、まっすぐになってきています。


そして、もう一つのポイントを意識すると下記のようになります。
体全体がまっすぐになり、芯が通ったように変化しています。



このように、眼の意識を中心として、いくつかのポイントを押さえただけで
体の姿勢は変わりますし、何より子持ちが落ち着きやすくなります。
そして、眼も疲れにくくなります。

こういった眼の意識などについて学べるセミナーを開催します。

一生使える技術ですので、ご興味ある方はご参加ください。

11月15日木曜日 18:30-21:00でセミナーを行います。
詳しい情報は下記をご覧下さい。
http://www.seminars.jp/s/73236

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 鍼灸師)
有限会社 木村爽健 代表

お手伝いできることはありますか?

 体に不調が出る原因は、ご本人だけでなく環境も大きく影響してきます。単純に目の前の困っている症状に対処するだけでなく、どのようにすれば体質改善して病気を予防できるかについてもお話させていただきます。一緒に健康を取り戻しましょう。

このコラムに類似したコラム

眼の使い方が悪いと、うつになりやすい 木村 和夫 - 鍼灸師(2012/11/10 23:36)

腰痛と眼の関係 木村 和夫 - 鍼灸師(2013/02/21 14:28)

エンジニアの人が肩こりになる大きな原因 木村 和夫 - 鍼灸師(2013/01/09 18:29)

仕事中の疲労でお悩みの方へ 木村 和夫 - 鍼灸師(2013/01/07 17:53)